« フランスの青年 | トップページ | 平和へのレクイエム »

2005年12月23日 (金)

日本国憲法が危ない

先日,ある忘年会の二次会でD球団の前社長さんに声をかけられました。

「君は組合だな」

「はあ」

「僕は最近本を書いたので、一度君のところにも行くから頼むよ」

「ええ」

「僕は憲法9条を変えることには反対なんだ」

このSさんは、以前に地元紙のC新聞で編集取締役をされていた方です。今はD球団の役員をされています。もっと前には東京でT新聞の編集責任者だったそうです。今年「日本国憲法が危ない」という本を出版したと聞きました。

この夏はドームに応援にいきましたが、ロッテの渡辺俊介のアンダースローに手も足もでませんでした。野球の話になると

「NとOを出したのは良くない」

「えー、それを決めるのはフロントじゃないですか」「だいたいDをでてから活躍する選手がおおいんですよ」

「いやー監督が・・・」

完全に酔っぱらいの会話になってしまいました。

|

« フランスの青年 | トップページ | 平和へのレクイエム »

コメント

へぇー!な裏話、勇気付けられますね。
私は団塊ジュニアの世代で労働組合の職員をやっていますが、ホントの一致点でのとりくみ(運動)をやってみたい。そう思っている同世代が私のまわりには多いです。「またいつものメンバーっ、、、」ではなく、「え、あの人が・・・」といういい意味でのサプライズ。改憲の動きが加速していくと思われる2006年、さまざまなチカラでつながっていきたいと思っています。

*コメントありがとうございましたー。

投稿: tamy | 2005年12月31日 (土) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/7788842

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国憲法が危ない:

« フランスの青年 | トップページ | 平和へのレクイエム »