« メディアとファシズム | トップページ | BSE牛を「拒否できない日本」 »

2006年1月20日 (金)

幸せってなんですか

今月18日(水)のNHK「課外授業 ようこそ先輩」には、ビデオジャーナリストの綿井健陽さんが出演しました。
「幸せを撮る」をテーマに、今の子ども達が、自分が実感できる幸せを探しに出かけます。番組の中では綿井さんが昨年出した「リトルバード」のビデオを子どもたちにみせ、戦争について考えてもらっていました。子どもたちが真剣に戦争のことを考え、「幸せってなんだろう」と考える姿は、とても素敵でした。

http://blog.so-net.ne.jp/watai

綿井さんには名古屋で開催したイラク報道のシンポの時にお世話になりました。また昨年は映画館でこのビデオも上演されました。その時のお話ではどこの放送局も「とってきたものをなかなか使ってくれない」といっていましたが、今回はリトルバードの中でも核心をつく場面が使われていたと思います。NHKの中にも良い番組をつくろうという人達がいることを感じました。

|

« メディアとファシズム | トップページ | BSE牛を「拒否できない日本」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せってなんですか:

« メディアとファシズム | トップページ | BSE牛を「拒否できない日本」 »