« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月24日 (金)

外務省とたたかった男 天木直人

22日に私も実行委員の一人になっている「市民と言論シンポジウム」が開催されました。講演は元レバノン特命全権大使の天木直人さん。この方は3年半前、小泉首相のイラク戦争参加に反対して大使をクビになったという「偉大な」方です。その前には南アフリカのマンデラ大統領に武力闘争をやめるようにも言ったことがあります。彼はマンデラ氏との会談も含めて、世界の現状は武力による抗争が口で言うほどやめられるものではないことを良く知っています。彼自身も現役官僚の時には「武力による反撃もやむを得ない」と思っていたといいます。

その彼が、この3年間の間に、そして今憲法を変える動きが強まっているなかで「憲法九条は一字一句変えてはならない」と思うようになってきたと言います。アメリカや日本政府の思惑のなかでさまざまな事態があり「60年間、日本の憲法はもまれてきた。しかし、この60年間戦争をしなかったのは世界で日本だけだ。」「これを変えるのはこの60年の歴史をすべて変えてしまうことなんだ」と言っていました。中東の火薬庫と呼ばれるレバノンに駐在し、紛争を直に知っている天木さんの言葉は非常に重いと感じました。

また先日NHKで放映された湯川秀樹の平和問題にかけた一生についての話もされました。私もこれは録画してみました。私が大学の一年のときに豊田利幸先生が「パグヲッシュ会議」の話をされていたことをよく覚えています。湯川先生は「核抑止論」の誤りを徹底して批判し続けました。天木さんはこのことも引用して、武力による紛争解決には終わりがないことを強調しました。

例によって終了後は講師を囲んで居酒屋で懇親会。今回もまた新しい出会いがあり、遅くまで飲んでしまいました。(@@;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

つま恋2006

愛知県知事選の候補者も決まりましたので、ほっとひと安心・・・で、ほとぼりもさめたのでちょっと前のことですが9月23日に休みを取ったのには訳がありまして

静岡県の掛川市というのは私の母校(掛川西高校)があるところです。31年前の夏、駅からぞろぞろと、たいへんな数の若者が歩いていくのをみました。それが「つま恋75」たくろうとかぐや姫の徹夜コンサートでした。その時は参加しませんでしたが、今回は半年も前から誘われていました。

朝名古屋を出発。10時の会場より1時間も早く着きましたが、すでにゲートには長蛇の列。私と同年代のおじさん、おばさん、家族連れ、カップル・・・ Tumagoi060923_2 3万5千人の会場はどんどん埋まっていきました。「タテ80センチ、ヨコ70センチ」アナウンスが繰り返されます。そこはさすがによくできた大人のファン。きちんと入っていきます。チケットが1時間で売り切れたとあって開演の1時ころにはほぼ埋め尽くされました。

フォークギターをかかえ、みんなで同じ歌を歌うあのころと、全く変わらないとても素敵な“同窓会”でした。あのころはキャンプファイヤーや合宿というと必ずフォークでした。午後1時から9時半まで。たくろうが「『朝までやらなきゃ男じゃない』って言ったけど、それは違うね。そんな大人になりたくない。いいじゃやない。9時で」とみんなに語りかけると、思わず互いにほほえましくなったのはみんな同じ時間を生きてきたから。

「お酒もずいぶん飲んだわね」って人もいたし、立ちっぱなし、踊りっぱなしの元気なお姉さん(かな?)もいたし、でも大人らしい祭り、同窓会でした。「君よ永遠の嘘をついてくれ」の途中に中島みゆきが出てきたときには、ほんとに感動的でした。「落陽」で会場が総立ちになり、花火が続いたときには涙がでそうなくらい良かった。帰ってきてNHKの総集編も見ましたが、何度見ても感激します。

とても素敵な“同窓会”をありがとう!!

当日のつま恋レポートを見る事ができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

やらせは他にも

小泉首相時代からのタウンミーティングで「やらせ」質問だらけだったことが報道されていますが、名古屋市長も同じようなもので・・・

そのころ名古屋市長も小泉首相をまねてタウンミーティングのようなことを始めました。今はやめたと思いますが。私は守山区の会場で参加しました。

司会者が「それではみなさん、発言を希望される方、手をあげて」というと会場いっぱいに手があがりました。なかには正面の真ん前で「ハーイ、ハーイ」と元気な声を張り上げるオジサンもいましたが、全くあたりません。そのうち司会者が紙をみながら「前から○列目の赤いセーターを着た女性の方」と読み上げ。さすがにこれにはあきれて思わず「最初から決まってるのなら手をあげさせるなよ!」と叫んでしまいました。そうすると司会者も安心してか、「それでは」と決まっている人を順番に指名。

その後でまた一斉に手をあげましたがあたったのは数人。松原市長のコメントはこれも紙をみながら用意した回答を読み上げるだけ。後から意見を言った人についてはコメントもなく全部無視。あきれ果ててしまいました。

お役所仕事というのはこんなものかと思っていましたら、政府はもっとひどい。発言文案まで事前に示して、政府に都合の良い発言をするようにしていたんですね。これはあきれてる場合ではなく怒りです!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月 7日 (火)

教育基本法公聴会

8日に衆院教育基本法特別委員会の地方公聴会が名古屋でも開催されることになりました。

11月8日(水)午後1時から名古屋国際ホテル(栄)

愛労連や教育ネットなどの関係者が特別委員や陳述人にむけて宣伝を行います。愛労連は11時半からホテルを含むあたり一帯でリーフレットの配布、横断幕での訴えなど行います。

青森で行われたタウンミーティングで発言者10人のうち6人が政府からの指示をうけたヤラセだったことを政府が認め謝罪しました。教育への国家介入を地でいくようなやり方です。こんな教育基本法改悪はぜったいやめさせましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »