« TVの〝志〟 | トップページ | 隠蔽体質 »

2007年3月24日 (土)

自民に政務調査費返還命令

自民党名古屋市議団に対し名古屋地裁が使途不明の政務調査費2870万円を変換するよう命令しました。

政調費返還請求認める

名古屋市議団訴訟で名地裁判決(中日3/23)

名古屋革新市政の会は2月定例市議会に「政務調査費の領収書公開」の請願を提出。3月15日に委員会で「保留」され、委員の任期切れで審議打ち切りになりました。翌日3月16日に共産党名古屋市議団とローカルパーティが領収書公開の議案を提出しましたが自民・公明・民主が反対し否決。その直後、3月22日にこの判決です。

今回の命令の前に、自民党市議団長が政務調査費の使い込みをしたということで、市議団が分裂、裁判で互いに証拠をだしあいました。中身がなにも書いてない30万円、50万円の領収書などメチャクチャな使い込みの実態があらわになっています。

「名古屋市議会は使途基準の要綱を定めたものの、領収書は一部の会派を除いて未公開のまま。収支報告書に領収書の添付義務がないのが実情だ。」(中日〃)

Top3ところで前回も書いたが17日にお会いしたジャーナリストの 須藤甚一郎さん(目黒区議)もたびたび政務調査費の問題を質問し、また区長と三菱商事を相手に住民訴訟を起こしている。こちらも注目したい。

|

« TVの〝志〟 | トップページ | 隠蔽体質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民に政務調査費返還命令:

« TVの〝志〟 | トップページ | 隠蔽体質 »