« フルムーン | トップページ | 勉強していたい »

2007年8月23日 (木)

ドラゴンズ優勝と政変

 元中日球団社長の佐藤毅さんから、NHK名古屋文化セミナーで講座をやると聴いたので、先日の日曜日から聞きに行っています。「ドラゴンズが優勝すると政変がおきる」と言われていますが佐藤さんのお話では「私が記者時代にドラゴンズが優勝した年には大きな政変があった。初優勝の1954年には吉田内閣が解散しているし、二回目の1974年には田中内閣が解散」と書いたのが始まりのようです。その後も確かに大きな政変が起きています。
さて第1回目は「一局体制の打破」というお話でした。戦中に巨人、阪神につぐ第三番目の球団として結成された「名古屋軍」の歴史から始まり打倒Gに全力をあげた話を聞きました。
「他のチームの4番ばかり集めても勝てない」という話、E選手獲得の「ひつまぶし」の話もおもしろかったです。
最近の話では楽天の田中投手について。「野村監督は毎日グチャグチャ言ってるでしょ。その中から何が大切かわかる」から「彼はぐんぐん伸びる」。野村監督の「グチャグチャ」の中から一番育ったのが古田監督。最近の山崎のホームランも良い影響を受けたのではと。
司会者から「平和でなければスポーツはできない」「平和憲法をまもる活動をされている」と紹介されたように、いま、あいち九条の会世話人として講演に飛び回っている佐藤さんですが、やはり野球の話はおもしろい。私が初めて佐藤さんと知り合ったのも飲み屋で「なぜ中日は野口を放出したんだ」との話からでした。

|

« フルムーン | トップページ | 勉強していたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンズ優勝と政変:

« フルムーン | トップページ | 勉強していたい »