« 言論・報道に勇気を | トップページ | フルムーン »

2007年8月 5日 (日)

学童キャンプで登山

台風の余波が心配された3日でしたが森孝東学童のキャンプが予定通り行われました。三重県の朝明キャンプ場です。幸い台風の影響はほとんどなく、4日早朝から登山。子どもが卒業してからは毎年、低学年の羽鳥峰コースです。毎年初めての1年生をつれて登るのを楽しみにしています。

Hatomine07 6時に起床して7時前には出発して2時間、林道をぬけると海抜819mの羽鳥峰が見えてきます。体力のある子、ない子、夜遅くまで興奮して寝られなかった子など、一人一人の子ども達をみんなで見ながら山を登っていきます。頂上に着いたらすぐ下の岩場にカモシカの親子がいました。鹿がいるのは知っていましたが、頂上でみるのは初めてでした。みんなの歓声が聞こえたのかすぐに木の中に入ってしまいました。

往復5時間もの登山ですから、子ども達ともいろんなお話ができます。今年は「どうして子どもに登山なんかさせるんだ」なんていう理論派もいて、おもしろかったです。

帰りは沢を一気に下ります。時々5メートルもある岩場をロープで下りるところがあり、大人が5人も入って子ども達を一人づつ降ろす場面もあります。帰ってきたときにはもう「何で登山なんだ」ってことも疲れも忘れて達成感いっぱいの子ども達です。

来年は森孝東学区にもトワイライトスクールができるので、「学童の経営がなりたたなくなるのではないか」と心配の声もきかれました。名古屋市には地域に学童保育がなぜ必要とされているのか、きちんと考え直してほしい。

|

« 言論・報道に勇気を | トップページ | フルムーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学童キャンプで登山:

« 言論・報道に勇気を | トップページ | フルムーン »