« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

ゆうメイトから悲鳴

Photo 10月1日から郵政民営化ですが本日の赤旗にゆうメイトの健康保険証が一ヶ月もつかえなくなるという記事がでていました。愛労連にも数日前に津島のI市議から問い合わせの電話がありました。郵政の職員に聞いたところ「保険証は持ってるよ」ということでしたので「まさかそんなことないでしょう」と応えました。今日の新聞をみてびっくり。

I市議から、今朝また相談がありました。「知り合いのゆうメイトさんが歯医者に通っている。9月中旬に保険証を返したが、10月になってもすぐには新しい保険証がもらえない。ゆうメイトの給料だけでくらしており、とても全額を払うなんてできない。困っている。」

歯医者の全額を立て替えるなんて考えただけでもぞっとします。と言って我慢もできません。郵政公社は「後で社会保険事務所に請求すれば7割が戻ってくる」と説明しているようですが。「15万人もいるので書き換えに時間がかかる」とも言ってるようですが、15万人は昨日今日わかった話ではありません。社会保険庁と相談して証明書の発行などの手をうつ事も可能だったのではないでしょうか。非正規のことなど全く考えてもいなかったというのが真実でしょう。

郵産労(郵便局の少数派組合)の役員がさっそく、共産党の国会議員に連絡して、政府に急きょ対策を講じるよう要請してもらうことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月22日 (土)

基本給が5万円

昨日は労働学校の講師でした。そのグループ討論で若い女性から

「前の会社にいるとき、賃金の計算の仕方が変わって基本給が20万円から5万円になった。後は能力給とか」

その時は合計は変わらないから別にいいやと思っていたけどボーナスが4ヶ月になった。月数だけ聞いたら良く思えるけど5万円*4月で20万円。「なに一ヶ月分じゃん」

会社を辞めるとき退職金も同じ計算。「聞いてた金額と全然違う!!」

今はパートで約11万円の収入。結婚してるけど子どもができてパートをやめたら旦那さんの給料だけでは親子3人とても食べていけないと言っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月14日 (金)

シッコは日本にも

マイケル ムーアのシッコ(もうビョーキ!)を観てきました。

アメリカには日本やヨーロッパのような健康保険がありません。すべて民間の医療保険です。政治家が国民皆医療を打ち出したら保険業界がものすごいネガティブキャンペーンを展開。テレビで徹底した「皆保険=社会主義」宣伝です。ソビエトなどの軍隊の映像がこれでもかと流れる中で、断念させられました。

そう、まるで拉致問題のときに毎回でてくるキムジョンイルの顔やカーキ色した各施設の写真。「日本のマスコミと同じだ」と思ってしまいました。

さて、先日順子さんが敬老会に出たときのこと。

老:「後期高齢者医療(来年から始まる)なんて誰がつくったんだ」

民主党F「私は反対しました」

自民党県・市「あれは国会で」

高齢者の負担額が6000円をこえて1万円近くなる、しかも年金から天引きということがだんだんわかってきて大問題になっています。さらになくなった時の「埋葬料」を入れるともっと高額に。亡くなる方が多いのだから当然これも高くなります。

そもそも75才以上だけを別にした医療保険など成り立つはずがありません。そこで診療に制限が。自由診療という名の金持ち対応制度。それを狙っているのがアメリカの保険会社だとしたら。

規制緩和という名で日本にもシッコ(もうビョーキ!)が上陸してきています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 5日 (水)

勉強していたい

NHK土曜ドラマ「勉強していたい」を観ました。今の子ども達だれにとっても必要なことを訴えている番組でしたね。

先生も良かったけど子ども達もとても良かったと思います。この原作は愛知県の大府養護の先生が書いた「15メートルの通学路」です。先生は愛高教の組合員で、私の事務所にも本が置いてありました。

養護学校にはこんな素敵な先生がたくさんいます。ドラマにもあったように多くの先生が時間を惜しまず子ども達に接しています。

しかしその一方で愛知県の養護学校はどこも大変なマンモス校になっています。全国ワースト10に愛知の5校全部が入っていました。教室がない、トイレが足りない、不自由な子ども達が1時間以上もバスに揺られて学校にくるなど、きわめて貧困な施策が続いています。

先生達は学校で頑張るとともに、この貧困を訴えています。このドラマを観た方にもぜひそのことを知ってほしいと思います。

それからこの番組はNHK名古屋のドラマ部作成です。NHK名古屋の皆さんにも拍手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »