« ぎんなんの落としどころ | トップページ | 消費税6%アップ! »

2007年10月19日 (金)

ベトナム人研修生支援

全国で一番外国人労働者の多い愛知県ではさまざまな問題がおきています。

愛労連ではベトナム人研修生支援をはじめ、ブラジル人労働者の解雇争議などがあります。また今年の自治体キャラバンでは国保の滞納急増に派遣・請負や外国人労働者の問題が浮き彫りとなっています。

ブログ労働相談110 http://rodo110.cocolog-nifty.com/airoren/

ブログ愛労連 http://rodo110.cocolog-nifty.com/aichi/

先日の研修生支援集会にはベトナム人25名が参加しました。愛知民報も研修生問題をとりあげています。

0710

|

« ぎんなんの落としどころ | トップページ | 消費税6%アップ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/16809140

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム人研修生支援:

» TMC裁判:「実習生」リエンさん、本人尋問に臨む [酒井徹の日々改善]
――6人の訴え、「研修生」制度を揺るがす―― ■セクハラ・パワハラ・差別的言動などを乗り越えて 10月3日、 名古屋地方裁判所で、 トヨタ自動車下請け会社・TMCのベトナム人「実習生」 リエンさんに対する本人尋問が行なわれた。 午前中は原告側弁護士が質問し、 リエンさんがこれに答える。 リエンさんたちTMCのベトナム人「実習生」らは、 職場や寮においてセクハラ・パワハラ・差別的言動など 度重なる人権侵害を受けてきた。 パスポートも健康保険証も取り上げられ、 給料も... [続きを読む]

受信: 2007年10月24日 (水) 23時00分

« ぎんなんの落としどころ | トップページ | 消費税6%アップ! »