« 石破防衛大臣を罷免せよ | トップページ | 沖縄集団自決と教科書検定 »

2008年2月27日 (水)

防衛省が捜査妨害

Isiha 一週間たってやっと艦長の事情聴取が始まった。海上保安庁は未だに乗組員の上陸を認めていない。ところが昨日の報道では、事故直前まで指揮をとっていた司令官を防衛省が事故直後にへりで本省に呼び出していた。海上保安庁は「事前に聞いていない」「認めるわけがない」と言っている。

この司令官から石破防衛大臣も報告を受けている。そのとき石破防衛大臣は「発見は2分前、緑の灯火」と発表した。その後漁船団からの批判をうけて「12分前」と訂正したのはその25時間後。石破防衛大臣は情報の小出しを批判されると「捜査のじゃまをしても良いんですか!」と反論するが、捜査の妨害をして「口裏あわせ」を指示しているのは防衛省だと指摘されている。

防衛省記者発表から http://www.mod.go.jp/photo/index.html

 http://www.mod.go.jp/j/kisha/2008/02/26.html

|

« 石破防衛大臣を罷免せよ | トップページ | 沖縄集団自決と教科書検定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省が捜査妨害:

« 石破防衛大臣を罷免せよ | トップページ | 沖縄集団自決と教科書検定 »