« 自衛艦は誰を守るのか | トップページ | 石破防衛大臣を罷免せよ »

2008年2月22日 (金)

そこのけ軍艦が通る

0222_2 やっぱり、自衛艦はまったく回避行動をとらなかった。(朝日2/22)

漁船団は右旋回して回避した船、右旋回したが間に合わず左に切って難を逃れた船、そして清徳丸は右旋回したがまっすぐ突っ込んできた自衛艦に真っ二つに裂かれた。

自衛艦は漁船とはレベルの違うレーダーを持っており、はるか遠くから漁船団を確認できたはずである。少なくとも30分前にはわかっていたはずだと指摘されている。

他の民間大型船とは違い、通過時間の通告をせず、真っ黒な船体で闇夜の海を突っ込んでくる。その自衛艦が「そこのけそこのけ」と漁船団に突っ込んでくる姿は「軍艦」そのものだ。

石破大臣は幕僚長をクビにするらしいが、それは大臣への連絡が遅れたからだろう。それより自分が防衛庁長官・防衛大臣になってからの事故・不祥事・汚職の数々をみよ。

石破大臣こそクビにせよ!

|

« 自衛艦は誰を守るのか | トップページ | 石破防衛大臣を罷免せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そこのけ軍艦が通る:

« 自衛艦は誰を守るのか | トップページ | 石破防衛大臣を罷免せよ »