« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

結いの心

中日新聞が「結いの心」という特集をしています。反貧困ネットワークの湯浅さんたちの活動を紹介する企画から始まり、トヨタの下請け問題などを特集してきました。

いまは「眠らぬ街」という特集で働く人々のことを特集しています。Photo

その取材で「外国人研修生の話を直接聞きたい」ということでしたので、昨年から応援してきたトヨタ下請けで働くSu工業のLとTさんを紹介しました。彼女も23日にベトナムに帰りました。昨年、トヨタ系の不正で研修生が仕事ができなくなった彼女たち。Suは一ヶ月ほどで手続きが済みましたが、全員の仕事が確保できるまで4ヶ月かかりました。先月、帰国が決まってからは何度も電話がかかってきました。

帰国する日はセントレアから電話がかかってきました。「私とTさんもう明日いないね。今日ベトナムに帰る。ありがとうございました」この日はLとTのほか、Sa工業の研修生ら3年間の期間をおえた2~30人が無事帰国しました。

そんな彼女たちの気持ちを今日の「結いの心」が紹介してくれました。少しでも彼女たちの力になれて、本当によかったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

五つの赤い風船

♪遠い世界に~5fnn_s

コンサートの開始はこの歌からでした。

朝日新聞の取材を切り上げて、市民会館についたのが10分前。席を見つけるとすぐ後ろには福保労のFさん。その隣には私と同じ年くらいのTさん、、「あら、榑松さんもきてたの」

さらに向こうの方を歩いているのは学童のKさんではないか。そんなお年頃のみなさんが会場いっぱいに集まってフォークソングを楽しみました。まぼろしの翼とともに、血まみれの鳩など70年代に平和を歌ったあの歌。

ゲストには杉田二郎、そしてイルカ。「全然変わってない」イルカさん。「かわいい!!」って声も。杉田二郎は花の湖ピクニックコンサート以来ですから30年ぶり。あのころは毎年テントを背負ってナターシャセブンのコンサートにいきました。

フィナーレは全員で「遠い世界に」を歌いました。みんなで青春を満喫しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

NHKはジャーナリズムを

0496 多数のNHK職員が勤務中に株の取引をしていたことが発覚した。直接の情報で取引をしたインサイダーではないものの、いち早く企業情報を知る立場にあるNHK職員が勤務時間中に株取引を行っていたという事実は重大である。他の民間企業で勤務中に株取引したのとは違い、ジャーナリズムとしての存在が問われるからである。

残念ながら福池会長は「就業規則に違反があれば処分する」というだけで、ジャーナリストとしての言葉は微塵もない。ただの民間企業経営者を公共放送のトップにすえてしまった。ジャーナリストでないものを経営トップにもってきたNHKの不幸がこうも簡単に露呈している。第三者委員会は職員と同時に会長を監査しなければならない。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年5月25日 (日)

人間らしい働き方

今日は愛知県母親大会がつるまいプラザ(愛知県勤労会館)で開催されました。06

私は人間らしい働き方の分科会の助言者として参加しました。今年は会場の都合などで分科会の数が少なかったこともあり、70名以上の参加で用意した資料が足らなくなりました。

「母親」と名がつくように、自分のこともありますが、子どもの働き方が気になる方の参加が多かったようです。さらに戦後の運動で女性の権利をたたかいとってきた80代の元気な“大先輩”も参加されて活発な討論がつづきました。「一人の涙がみんなの涙に」という母親運動のお話はとても印象的でした。

女性たちが一番気になるのは若い人たちが11時、12時と夜遅くまで働く、働き方。先日厚生労働省が発表した労災の報告でも若い労働者の過労死や過労自殺が増えています。母親としてもっとも気になることです。

今年7月には日本母親大会が名古屋で開催されます。私もトヨタ過労死の内野博子さんと一緒に「働く」の分科会に参加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

自民がNHK介入

Photo 映画「靖国」上映を攻撃した自民党。またしてもNHKへの介入を行った。

NHKは近年「ワーキングプア」の問題など積極的に取り上げ、見応えのある特集が少なくない。なかでもNHKスペシャルは現場取材に努力し、格差と貧困の実像にせまる番組を何本かつくってきた。私も取材を受けたことがある。

今度はそのNスペにイチャモンをつけた。さらに、内容だけでなく、取材に協力した民医連の病院を「共産党と深い関係にある」「偏った取材」と決めつけた。

これに対し福地NHK会長は反論もせず、会長自身がNスペや企画部門、映像編集の現場へ出向きチェックしていることを明らかにした。

NHKは経営委員長が自民党後援会にでかけて問題になったが、ここまで自民党の意を「忖度」するようになってしまったか。まじめにやっている現場の労働者はたまらないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

ベトナム人研修生から「ありがとう」

今日、Sa工業ではたらくベトナム時研修生から電話がありました。0155

私は23日にベトナムに帰ります。くれまつさんお世話になりました。ありがとうございます。日本でお元気でいてください。仕事忙しくて、帰国の準備もあるのでお礼にいけません。私日本語下手ですけど、ありがとう。

先週は5件も相談が入ってあわただしく、忘れていましたが、昨年、トヨタ系企業で働く研修生から相談があったのはちょうど1年前になります。そういえば当時3年目にはいる実習生は5月でビザが切れるのでした。9月まで4ヶ月かかって全員の雇用先を確保し、今日まで無事に働き続ける事ができました。

彼女たちの事件以後、愛労連には次から次へと相談が入ってくるようになり、トヨタの子達のことはほとんど忘れていましたが、ベトナムに帰るとなると少し寂しい気もします。彼女たちが日本にきて良かったと思ってくれていればとてもうれしく思います。ベトナムに帰ってもみんな元気に、幸せになってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

中国大地震に支援を

中国四川省で発生した巨大地震に驚くばかりです。

先ほどの報道では世界最大の地震のようです。阪神大震災の30倍のエネルギーが地表近くを水平方向の波として伝わったことが、激しく、遠くまで被害がひろがった理由のようですも。万里の長城のように何千年ものあいだ地震の被害にあってない建物をみると中国では地震がないと思っていました。しかしそれは中国の東部や東北部の安定したプレートの上だけで、内陸部は地震が多いことをあらためて知りました。

ヒマラヤ山脈がインドプレートがアジアプレートにぶつかってできたことは知っていましたが、中国内部にまでこんなに大きなエネルギーを溜め込んでいたとは驚きです。

私の実家は静岡県で東海大地震の震源予想地の真上にあります。予想震度は「7以上」となっており、どれだけ揺れるかわかりません。地盤が弱く、昭和19年の東南海地震では母屋が全壊しました。子どものころから「地震がきたら地割れに落ちないように」と言われてきました。

ですから、大きな地震があった時にはいつも支援を取り組んできました。今度の中国大地震にも協力したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

憲法をくらしに生かそう

20082 森英樹さんから5月3日の写真が届きました。当日は録画・撮影が禁止でしたので主催者撮影のものです。みなさんで活用くださいとのことでしたのでアップしました。(私もまんなかに小さく「判定」できました。)

先日、5月1日に自衛隊のイラク派兵違憲判決について名古屋大学で報告集会を開いた黒田光太郎さん、3日の世界九条会議でコーディネーターを勤めた小中陽太郎さんらと飲みにゆきました。私は少しだけお手伝いさせてもらっただけですが。お二人の共通点はベ平連です。小中さんが「今度は東京でやるので知恵がないか」ということでした。一緒に飲んでいた中谷弁護士は「もっと地方に広げたい」とも言っていました。

9日には金山で「九の日宣伝」を行いました。前日に防衛省に要請にいった瀬古さんと八田さんが「(違憲判決なんて)そんなの関係ねえ」と言った幕僚長を批判。

安倍内閣退陣からもうすぐ一年。世論を大きく変えてきました。映画靖国も国民の声で上映が広がっています。九条だけでなく25条、憲法で文化的なくらしも、27条、勤労する権利も大きく奪われてきています。憲法をくらしに生かす取り組みを広げていきましょう。

5月18日には先の京都市長選挙で951票差の大接戦までいった中村和雄さんを名古屋にお招きして、「憲法がくらしに生きるまち名古屋 市民のつどい」が開催されます。午後1時半から 名古屋市教育館講堂です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

憲法フェスティバル2008を打ち上げ

08_2 右翼の“大歓迎”をものともせず、愛知憲法フェスティバル2008は昼・夜合計で4000名の参加者・スタッフで大成功しました。

最初、本先生からこの話を聞いた時には「とんでもないことを決めたものだ」と思いましたが、決めたからには失敗させるわけにはならないので、私も合唱団に登録しました。半年間の練習は思っていた以上にレベルも高く、とてもたいへんでした。森先生からも「君がよく練習に参加できたね」と言われました。

それでも打ち上げでは外山先生からも「良い出来だった」とねぎらわれ、指導の高須先生からは「キズはあるがハートは伝わった。三日前とは大違い」とほめられました。じゅんこさんからも「良かったよ!感動しました。ともに生きるまちがいいね!」とメールも。

忙しい毎日ですが、その気になれば半年は続けられることがわかりました。次は何に挑戦しようかと考えています。

写真は打ち上げの最後に「共に生きる町」を全員で合唱。指揮は高須先生、ピアノ森口さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

初めてオケあわせ

080501 今日はメーデーでした。早朝から会場準備、天気にも恵まれ4000人の参加、一日くたびれましたが夜は五月の歌の練習。立ちっぱなしの一日でした。

今日の練習は初めて名フィルとのオケ合わせでした。80人をこすオーケストラの演奏に聞きほれて歌が出遅れたり、終わってから厳しい指導がありました。明日は最後の練習、しっかりやらなければ。

それにしても8曲を歌うのはとてもたいへんです。楽譜をもってよい事になりましたが、それでもブレスなどなんども指摘をうけています。それからわずかな出遅れも(息が続かないよ~~!)

それでも半年がんばりました。あと二日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »