« 名古屋市が〝検閲〟を復活か | トップページ | 人間らしい働き方と生き方を求めてシンポ »

2008年9月 7日 (日)

海外メディアにも

ベトナム人研修生の問題について、海外のメディアからも取材がきています。先月はフランスの記者でしたが、今日はイギリスのBBCラジオのインタビューでした。昨年トヨタ系企業の不正で支援したK君と一緒に取材を受けました。そのうち、放送されると思います。 ブログ研修生支援 

K君は日本に来て2年と少しですが、日本語が上手なのでとても助かっています。イギリス人の記者は「日本に来て3年だけど日本語を覚えないと」通訳が言っていました。私も他人事ではありませんが(^^;

さて、そうこうしている間に日本の政局は大揺れです。K君はテレビもよく見ていて政治のこともよく知っています。アメリカの大統領選挙の話もしました。日本の共産党のことも聞かれたので、うちのじゅんこさんを紹介しました。

自民党はたくさん候補者をたててテレビを独占しておいて選挙にかけこむ作戦のようです。しかし昨日のNHK「日本のこれから」での討論をみると、国民の怒りはそんなもんじゃすまないと思いました。竹中のアホさがあふれ出ていました。まるで共産党と自民党の論議をみているようでした。竹中が森永卓郎を「社会主義者だ」言ったら森永氏が「私は社会民主主義」と応え、それをまた竹中氏が「社会主義者」と言い返したところは、「こいつ何もしらないな」と思いました。

さて、最短では10月7日告示説だそうです。すでに我が家ではじゅんこさんが戦闘モードに入っています。

|

« 名古屋市が〝検閲〟を復活か | トップページ | 人間らしい働き方と生き方を求めてシンポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/42408365

この記事へのトラックバック一覧です: 海外メディアにも:

« 名古屋市が〝検閲〟を復活か | トップページ | 人間らしい働き方と生き方を求めてシンポ »