« 反貧困キャラバン | トップページ | 国会議員要請 »

2008年9月28日 (日)

ろくでもないASO

麻生太郎の書いたという「とてつもない日本」という本を買った。安倍首相の時も「美しい日本」という本があったのでこの時も読んでみた。このときは安倍氏の本性丸出しで、とんでもないやつが首相になったことがよくわかった。勉強もできなし、経営もできそうにないので世襲で国会議員をやらせたら、小泉人気のあおりで首相になってしまったというのが顛末だ。

これに対し、麻生氏の本は、これはまた「物事を深く考えたことがない」のが見え見えの内容だった。経済について深い見識があるわけでもなく、社会の表面しかみていない。漫画や音楽などは世間並みには見ているので、「年の割には話のわかるおっさん」と秋葉の若者にウケたことであらぬ自信をもってしまったようだ。

しかし、その秋葉で若者が殺人を犯した、その背景・悩み・苦しみに麻生首相が思いをはせることはできない。そこで並ぶタクシー労働者の年収が100万円下がったとしても「が、これも考えようで・・・規制緩和がなかったとしたら・・・・不況により解雇された中高年が、運転手として再雇用される機会も減った」という。麻生財閥の御曹司が考える発想らしい。

「とてつもない日本」とするより「ろくでもないASO」というタイトルにした方がよい本でした。

|

« 反貧困キャラバン | トップページ | 国会議員要請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/42624437

この記事へのトラックバック一覧です: ろくでもないASO:

« 反貧困キャラバン | トップページ | 国会議員要請 »