« テレビ東京で放送 | トップページ | 「トヨタの足元で」発売は? »

2008年11月12日 (水)

外部講師は靖国派

航空自衛隊前幕僚長の田母神氏の参院参考人招致があった。幹部である「統合幕僚学校」で「部外講話」と呼ばれる外部講師を招いての講義が行われている。中日新聞(11/12)では「この講師の9割以上は外部の軍事研究家や大学教授が占める」というが、それが誰かは明らかにされていない。

11日、共産党の井上議員が2006年の統合幕僚学校で「『昭和の戦争』についてを講義した福地惇・大正大学教授であることを講義録を示して明らかにした。福地氏は侵略戦争を美化する「新しい歴史教科書をつくる会」の副会長である。(赤旗11/12)

二つの記事を読むと、田母神しのような侵略戦争美化の教育が組織的に、幹部ではさらに徹底して行われていたことが明らかである。

井上議員の質問に浜田防衛省は「カリキュラムの中身は把握していない」と答えたが、これでは文民統制になっていない。田母神氏に対する懲戒処分はなく、退職金6000万円も懸賞金300万円もなんの問題なしに渡されるというが、軍部の独走を許さない厳しい調査・処分が必要だ。

|

« テレビ東京で放送 | トップページ | 「トヨタの足元で」発売は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/43095174

この記事へのトラックバック一覧です: 外部講師は靖国派:

« テレビ東京で放送 | トップページ | 「トヨタの足元で」発売は? »