« 「トヨタの足元で」発売は? | トップページ | やっと本屋に「トヨタの足元で」 »

2008年11月16日 (日)

九条南陽の会

今日は午前中に名古屋港で港湾シンポジウムがあり、食の安全分科会に参加。昼から港区南陽町の地域九条の会3周年に招かれました。

南陽地区会館には約30名が参加、大正琴やアコーディオン演奏と歌声。恒例となっているSさんのマジックショーなど地域のみなさんの多彩な文化行事のあと、私が憲法のお話をすることに。0490

ひごろ、労働組合の幹部対象に話すことが多いのですが、参加者の層がだいぶ違いますので講演でなく、最近の話題提供ということで、田母神論文のこととノーベル賞をもらった益川・小林先生出身の名大物理学教室の紹介をしました。

益川先生たちの論文が生まれるのと同時期には丹生先生が4番目のクオークであるCクオークを含んだ粒子(丹生粒子)を発見しています。またこの前提として坂田昌一の坂田模型があったことはよく知られています。私が入学したのはちょうどこの直後でしたが、坂田先生のつくった名大物理学憲章ははっきりと残っていました。それは真実の追究と科学者の社会的役割大切にし、自由で民主的な研究室の雰囲気に表れていました。益川先生の受賞の言葉にもそのことが述べられていました。いま名大九条の会は丹生先生が中心的な役割を発揮され、技術室のKさんなどが事務局で頑張っておられます。

全国で7千をこすこれらの九条の会が靖国派の動きを封じ、安倍首相を惨敗させました。今回の田母神論文の露呈も靖国派の動きが失敗したから露呈したものだと思います。これも地域にひろがる九条の会のチカラダト言うことをお話しました。

|

« 「トヨタの足元で」発売は? | トップページ | やっと本屋に「トヨタの足元で」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/43136702

この記事へのトラックバック一覧です: 九条南陽の会:

« 「トヨタの足元で」発売は? | トップページ | やっと本屋に「トヨタの足元で」 »