« 「二人のベトナム」 無事開催 | トップページ | お勝手なかまの会 »

2009年4月 1日 (水)

公立保育園・がくどうを守るのは太田さん

名古屋市長選に3氏が並びました。

Kさんとは先回の選挙のあと何回か話したことがありますが、思いつきで話される方ですね。保育園の民営化問題でも「民の方が利用者のニーズに柔軟かつ機敏な対応ができる可能性が高いから」「民営化の方が保育の質をさらに高めることにつながるはずだ」と言っています。

名古屋市の保育や学童保育は長年の父母の運動と本山革新市政のなかで、作り上げてきたものです。これを「公私間格差是正制度」で民間保育園にも助成することで市立保育園に近い水準を守ってきています。

ところがいま、東京や横浜で行われている「民営化」はコスト削減が第一。「人件費が半分になった」などと自慢するところもありましたが、なかには途中で放り出した経営者もでて、その犠牲は子ども達に。「市民税10%減税」では民営化されたらますますコスト削減されそうです。

H氏は松原市長が「継承者」と認定。経産局で規制緩和・構造改革を推し進めてきました。松原市長が太鼓判をおす人では期待できません。

太田さんはがくどうにも協力。「公立保育園とがくどう保育を守るのは太田さん」と父母のみなさんに広げましょう。

|

« 「二人のベトナム」 無事開催 | トップページ | お勝手なかまの会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/44530326

この記事へのトラックバック一覧です: 公立保育園・がくどうを守るのは太田さん:

« 「二人のベトナム」 無事開催 | トップページ | お勝手なかまの会 »