« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

クローン牛に安全宣言??

内閣府の食品安全委員会が体細胞クローン技術で生まれる牛や豚、その子孫について「食べても安全」との最終評価書をまとめ、厚生労働省に答申した。その理由が、クローン牛には早く死ぬものが多いが、半年以上生存したものは他の牛との違いがないからという。???

じゃあ早く死んだ牛には普通の牛と何か違う点がわかったの?死んだ牛と生き残った牛にはどういう違いがあったの。これじゃあ「生き残ったから安全」って言ってるみたい。

仮に生き残った牛が普通の牛と変わりがなくても、なぜ早く死ぬのが多いかが分からない限りは安全宣言を出すべきではないと思います。

先日、福岡先生の「動的平衡」の講演を聞きに行き、ますますその確信を深めました。

久しぶりに生協職員らしい話題に戻りました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

もうすぐ北の湖部屋

毎年、大相撲名古屋場所がくると労働会館には北の湖部屋がやってきます。すでに昨日から先遣隊がきて土俵作りが始まりました。一年間おいてあった赤土をひろげ、明日からは徳俵を編んで本格的な土俵が作られます。

労働会館の1Fをよしずで仕切って、土俵、ちゃんこ場、シャワー場が作られます。2Fと東館の5Fに畳を敷き詰め宿舎にします。北の湖親方もこの会館に泊まっています。毎朝近所の方が見学に来られます。とてもオープンな部屋です。

29日には労働会館主催の歓迎会が開催されます。組合員や家族がたくさん参加します

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

生き残れるのかテレビ

23 名古屋のマスコミ関係が行うシンポジウムのご案内です。

日放労(NHK労働組合)や新聞労連、民放労連、全印総連も参加しています。

23回市民と言論シンポジウム

生き残れるのかテレビ

~番組づくりの現場から~

6月24()pm6:30

 会場 名古屋ボランティアNPOセンター

シンポジスト

大西文一郎(元東海テレビ報道局長)

諏訪誠彦(民放労連東海地連副委員長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

「15%減」実は「8%減」

 麻生首相が温室効果ガスの削減目標を引き上げて15%にしたというニュースをみて、「世界の圧力で引き上げたんだな」と思っていました。ところが説明を聞くと、これは基準を2005年と比べての数値。京都議定書の時の90年比だと8%減にしかならないとのこと。またしてもNGOから「化石賞」を贈られました。

ところで、我が家のTVがだいぶ古くなったので買い換えました。もっと安くなるまでと粘っていたのですが。次男が生まれた年に買ったので18~19年使いました。きっかけはNHKの時代劇連ドラを見ていて暗い部分が真っ暗なこと。昔の場面なので暗いと思っていたのですが、愛労連のテレビが昨年変わって新しいので見たら、暗いところもいろいろ映っているではありませんか!それで、エコポイントも決まったので、この際あきらめて買うことにしました。なじみの電器屋さんの大型お奨めを振り切って32型にしました。これでも狭い我が家では大きいくらい。ところが・・・

今日の新聞を見ると、全然省電力ではないじゃありませんか。

グリーン家電 真っ赤なウソ

消費電力・電気代 表示の2倍http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-06-12/2009061201_02_1.html

なんてこったい!こうなると、電源はリモコン使わずにスイッチで切るしかない。それにしても数字のごまかしがひどすぎるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

両方とも間違ってる

Photo 日曜日(7日)の中日新聞に「私が正しい!」と自民党の中谷元防衛庁長官、民主党の前原副代表が紙上で意見を交わしている。

防衛大卒の中谷氏は「(北朝鮮がミサイルを発射する前に)これをたたける能力を持つことは自衛の範囲だ」という。

松下政経塾出身の前原氏も「弾道弾を発射する基地を攻撃することは憲法の範囲内だ」と主張する。

二人とも「座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨ではない」という鳩山元首相の発言を引用している。

北朝鮮の核開発は断じて許すことはできない。しかし同時に北朝鮮は「自国の方から先制攻撃をすることはない」としている。また北朝鮮が先に日本を攻撃する理由は考えられない。以前海上自衛隊の方も、「船で攻めてくることはない。戦力が違いすぎる」と話していた。たとえやけくそで撃っても瞬時に世界からの制圧が行われることは想像に難くない。それだけのリスクを冒す理由も考えられない。

自民党と民主党の幹部がそろって、攻撃的な発言をすることはどういう意味があるのか。少なくとも国際的には全く日本の国益にはならない。私の考えでは一つには経済危機の進行に手が撃てず、国民の不満をそらす目的。もう一つは数兆円もかかるミサイル防衛システムにさらなる税金を使いたい防衛産業の意図がある。

自民、民主、「二人とも間違っている」というのが正しい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

追悼“かみなりオヤジ”

名東区の名物男であった“かみなりや”の大将、Mさんが急逝した。享年76歳だ。つい先日電話があった時には元気な声だったのに。私の選挙では推薦人としてリーフレットに登場、順子さんの選挙もいつも応援にきてくれた。4月の市長選挙では演説会にラーメンを持ってきてくれた。

kaminari大将との出会いは30年も前から。生協の料理教室に講師で来てもらった時からだ。名東の日「料理教室」にはいつも生協の食材をつかってくれた。大将は中華料理厨師会の役員で、業界では知られた名人だ。「風邪で調子が悪い」といくと、いつも特製の薬膳ラーメンを作ってくれた。名東ラーメン、万博ラーメンも試作から何度も食べさせてもらった。TV、新聞でも紹介され、私とYさんが店のPOPをつくった。http://kurechanman.cocolog-nifty.com/sekai/2005/09/post_d630.html

店にはいつも修行の弟子がおり、店のなかはいつも大将のどなり声が響いた。みんなよく耐えて自立した。怒るけど、そういう教え方しかできない対象だったが、弟子の就職先にも熱心で、私もなんどか頼まれた。

Yさんの釣ってきた魚を、店でも食べさせてもらった。銀ぽうのてんぷらは最高だ。4~5年前に手術したのちも、3人で飲みに(大将は酒をのまないが)行った。家を新築し、二世帯住宅をたてた時にも行ったし、さながら名古屋でのおやじだった。

病気で店を任せてからも県立高校の講師を続けていた。今日の通夜には業界や地域の関係者のほかに高校生がいっぱいだった。いつぞやは呼ばれて店にいったら卒業式後の女子高生がお店にいっぱいだった。

ガンが再発し、手術予定が決まっていたが、先週末に風邪をひいて、急変。あっという間のことだったそうだ。お別れもお礼もできずにとても残念だ。思い出が尽きないが、ご冥福をお祈りする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »