« 派遣切りと共産党 | トップページ | 「バカヤローの解散」 »

2009年7月13日 (月)

ぎんぽ(銀宝)の天ぷら

久しぶりに釣りに誘われ、篠島にガシ釣りに行ってきました。島の東側テトラポットでガシを狙いますが、釣れたのは小さなタケノコメバルと〝ぎんぽ〟

耳慣れない「魚?」ですが、ウナギの短いものというか鱧の短いものというか、両方とも違いますが、そのような形です。大小10ほど持ち帰りました。

聞き慣れないだけでなく、釣り人の中では厄介者ではあっても、あまり喜ばれるものではありません。それは料理が難しいからです。ところが、天ぷらにするととてもおいしいのです。

私がこれを初めて食べたのは、今は亡き「かみなりおやじ」の店でのこと。生協職員である私に「お前これが何かわかるか?」と出された白身の天ぷら。これが「ぎんぽ」だったのです。お客さんが釣ってきたものでした。

塩をたっぷりかけてタワシでぬめり取り。その後頭をとって三枚おろし。小骨が多いので、これがなかなかたいへん。柳刃包丁を研ぎ直して再挑戦しました。幸い今日は素直にのびてくれたのですが、昨年はなかなか死なないし、しまったかと思えばクネクネ形に。まな板の上ではでこぼこ型でした。

今日は4人とも夕食時間が違ったので、それぞれに合わせて天ぷらを揚げました。じゅんこさんにはメバルの刺身もつけてあげました。

おかげで今日はかなりひどい肩こりになりました。

|

« 派遣切りと共産党 | トップページ | 「バカヤローの解散」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/45626132

この記事へのトラックバック一覧です: ぎんぽ(銀宝)の天ぷら:

« 派遣切りと共産党 | トップページ | 「バカヤローの解散」 »