« ハノイから36時間 | トップページ | 益川さんの講演会 »

2009年10月29日 (木)

ケイタイ電話

私の電話はそのままでは海外で使えない機種のため、同じ番号で使えるケイタイを空港でレンタルしていきました。

ところがマニラではほとんど使えませんでした。石川のNさんはそのまま使えるケイタイでしたので、そこにかけてもダメ。メールも使えません。現地ガイドのAさんやベトナムの研修生との連絡は私のケイタイにかけてもらうことになっていましたので焦りました。

そのうち旅行者の通訳NRさんにかけて見ると、彼の携帯にはつながるのですが違う番号で表示されていました。どうもネットワークに問題があるようです。ガイドのAさんにはNさんのケイタイからかけることができました。Aさんの話ではあちこちが浸水で停電しているから通信基地がうまくいってないのではないかということでした。

ソフトバンクの日本サービスに電話しても全くでません。国際サービスにかけると英語です。ジャパニーズプリーズというとイングリッシュオンリイと言って切られます。結局何が問題かわからずじまい。

ところがベトナムにつくと全くまず、たまっていたメールがいつの間にか送信され、返事まできていました。そのうち研修生からも次々と電話が入りました。どこからかけているのかわからないのですが日本からの相談が2件入っていました。研修生からは日本語のメールも来ました。

クチトンネルからカンボジア国境近くのカオダイ教にいく途中はかなりの田舎でしたがアンテナはばっちり。「ベトナムはどこ行ってもケイタイがつながるよ!」と驚きでした。ここではケーブルの電話よりケイタイになっていました。

どうもソフトバンクのせいではないようでした。

昨日請求がきましたが6720円。外国では受信にも電話料金がかかるのです!

|

« ハノイから36時間 | トップページ | 益川さんの講演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/46617742

この記事へのトラックバック一覧です: ケイタイ電話:

« ハノイから36時間 | トップページ | 益川さんの講演会 »