« ケイタイ電話 | トップページ | マルクスは生きている »

2009年11月 5日 (木)

益川さんの講演会

3日に名大で益川さんの講演がありました。愛知九条の会と名大平和憲章委員会の共催で、豊田講堂は第二会場にまで入る1500人以上の参加者でした。

益川さんは日本科学者会議のメンバーですが、最近は京都の九条の会や科学者九条の会でも活躍されています。

益川さんは「100年たてば戦争のない世界にすることができる。」といいます。「10年、20年では前後しても100年という期間でみれば、みんながこうなって欲しいという方向で動いている。」「100年のスパンでみれば奴隷制も植民地も人種差別もなくなり、今や黒人がアメリカ大統領になっている」

小林・益川理論が熟成された坂田教室は研究室の民主的運営が徹底され、教授も院生も対等な立場で議論ができた。いつも反論を考えている益川さんには「いちゃもんの益川」というニックネームがついた。小林・益川理論が発表された73年の前には丹生先生が4番目のクォークであるチャーム粒子を発見している。

私が入学した74年には坂田先生はすでに亡くなっていたが、名大物理学教室憲章は生き生きと語られていた。益川先生のお話は当時の教室の雰囲気を思い出させてくれた。

|

« ケイタイ電話 | トップページ | マルクスは生きている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/46678329

この記事へのトラックバック一覧です: 益川さんの講演会:

« ケイタイ電話 | トップページ | マルクスは生きている »