« 名古屋空襲を合唱で | トップページ | おにぎりの会1周年 »

2010年1月16日 (土)

被爆者のお話を聞いて

Hibaku0116_2 今日は被爆者訴訟を支援するネットワークの新春交流会が生協生活文化会館で開催されました。

被爆者訴訟は全国で19連勝し、政府も認定基準の改定や基金設立の法律も余儀なくされてきました。しかし、まだ訴訟以外にも多くの方が認定を保留されています。

弁護団の樽井弁護士から国との交渉経過や立法についてのお話があり、NPT再検討会議が行われる今年こそ、核兵器の廃絶にむけた画期となる年にしたいと決意が語られました。

各テーブルごとの懇談では被爆者の方から体験をお聞きしました。私のテーブルには4名の方がいました。二人は名古屋空襲で広島に疎開し被爆しました。三菱重工で広島の工場に転勤となった方、看護師として救援活動に参加された二人は入市被爆でした。15才で災害の工場復旧に行った男性は「一日行っただけでもう次の日から行けなくなった。光景が目に浮かび夜は眠れなかった」と話されました。「市内から逃げて来る人はみんな裸で皮膚がたれて」「みんな水、水と言った。でも川に入って水を飲んだひとが次々と死んだので水をやってはいかんと言われた」「黒い雨はその日(6日)に降った。」「丘の上から大きなキノコ雲が立ち上るのを見た」などみんな今でもはっきりとお覚えていました。

参加された方は、直接熱線は受けなかったため、原爆症の症状は比較的少ないのですが、心に受けた傷は癒えることがないのだなあと感じました。

|

« 名古屋空襲を合唱で | トップページ | おにぎりの会1周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被爆者のお話を聞いて:

« 名古屋空襲を合唱で | トップページ | おにぎりの会1周年 »