« ブルーシート | トップページ | トヨタは利益より安全を優先せよ »

2010年2月 9日 (火)

金持ち減税がくっきり

名古屋ではトヨタの役員に市民税だけでも2150万円も減税をすることになりました。この上、市長に逆らう市会議員はやめさせようと河村市長は議員定数半減を打ち出しています。

金持ち減税の実態マザマザ

日本では金持ち減税が続いています。Saibunnpai2_2 

年次経済財政報告(2009年7月、内閣府)では

①公的移転(※社会保障など)による再分配効果については我が国はOECDの中では小さいグループに入る。

②税による再分配効果の大きさを見ると、我が国はOECDの中で最も小さいとされています。金持ち減税が続く限り、財政難、社会保障切り捨てが続きます。

このため、格差が大きいままにされ、財政難を招き、社会保障費を圧迫しています。

このうえ、市民税でも金持ち減税を行うなんて全くひどい話です。

|

« ブルーシート | トップページ | トヨタは利益より安全を優先せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金持ち減税がくっきり:

« ブルーシート | トップページ | トヨタは利益より安全を優先せよ »