« 河村市長のごまかしと居直り | トップページ | 河村市長のいいかげんなさを順子さんが一喝 »

2010年4月16日 (金)

リビングの「録音は消去」!

河村市長のウソ発言問題について、市長は「録音データはすでに消去されれている」と説明しました。

『リビング』紙問題で河村市長が陳謝と訂正
「議員報酬2700万円、4220万円の退職金」発言は誤り
4月15日の名古屋市会議会運営委員会で、河村たかし市長は無料新聞『リビング』紙4月10日付での「議員報酬2700万円、退職金4220万円」発言の誤りを陳謝し、同紙4月24日付で訂正記事を掲載すると発言しました。市長は、「市長給与のつもりで話したが、市の確認漏れだ。録音データはすでに消去されている」と述べました。
江上博之議員は、「議会は19日からだ。リビング紙に19日以前に訂正の頒布を求めるべき」と、発言。他会派からも引き続き真相究明や本会議での陳謝を求める意見が出されました。(日本共産党名古屋市議団市政情報314)

0119_2

発行日からわずか数日で録音が消去されているというのは極めて不自然です。無料誌とはいえ、これだけの発行部数を持っているリビング紙です。この記事に関わらず損害賠償に備えて録音を残しておくのは取材の常識です。日常的に録音を消しているのか、この記事だけなのかどうなのでしょう。

|

« 河村市長のごまかしと居直り | トップページ | 河村市長のいいかげんなさを順子さんが一喝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/48099079

この記事へのトラックバック一覧です: リビングの「録音は消去」!:

« 河村市長のごまかしと居直り | トップページ | 河村市長のいいかげんなさを順子さんが一喝 »