« 河村市長の行革とは | トップページ | 河村市長のごまかしと居直り »

2010年4月 9日 (金)

河村市長 「仁義なきたたかい」をやめよ

0410

菅原文太まで引っ張り出してきて「市長対市議会」の対立構図を演出している河村市長だが

今度は「議員は給料が良すぎる」として「わしは800万円にしたけれど

議員は2700万。しかも4年ごとに4220万円の退職金がもらえる!

と、全くのウソを名古屋中に配布した。

市会議員の報酬は1510万円であり、4年ごとの退職金など1円もない。

いま議論されるべきは議員はどういう仕事をしているか、費用はどう使われているかを明らかにすることである。

でなければ議員定数も費用も何が適切か議論も判断もできない。

ウソの情報で、市民の不満をあおるやり方は「ポピュリズム」の常套手段である。

河村市長は市政パブリックヒアリングで弁明を求められる。

4月11日(日)午前10時~12時(受付9時30分開始)

名古屋市教育館講堂 先着200名(市内在住、在勤、在学)

意見は「市民の声」へ

shimin-no-koe@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

また「90%のミセスが河村市長の政策に賛同している」と

市長の言い分だけを前面に掲載したリビング紙の責任も免れない。

名古屋市中区新栄一丁目615

Tel. 052-269-9511 FAX. 052-269-9522

|

« 河村市長の行革とは | トップページ | 河村市長のごまかしと居直り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/48039722

この記事へのトラックバック一覧です: 河村市長 「仁義なきたたかい」をやめよ:

« 河村市長の行革とは | トップページ | 河村市長のごまかしと居直り »