« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月27日 (日)

トヨタでも1億円チョー

日産のゴーン社長の役員報酬が8億円と発表された。一方、トヨタは株主総会で発表しなかったが、その後の有価証券報告書で張会長と渡辺副会長が1億円以上の報酬だということが明らかになった。しかしこれだけではない・・・

豊田社長や祖父の名誉会長には株主配当がドンとある。大幅減産で赤字になった一昨年度もリコールによる販売不振となった09年度もトヨタは配当を続けている。本来なら赤字であれば配当がないのが株主責任だが莫大な「内部留保」があるからこんなことができる。

03年から06年の4年間だけで、この親子二人が受け取った配当金は50億円。ところが小泉政権で株の配当にかかる税金は分離課税とされ、しかも20%から10%に引き下げられた。所得税との総合課税なら40%も課税されるところ10%ですむ。究極の金持ち減税だ。そのうえ赤字になろうが、単価引き下げで下請け企業がつぶれてもトヨタの配当は続いている。

これを放置しておいて、トヨタに減税してやるために消費税10%なんてとんでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

プロ野球選手会、松原事務局長と

昨日労働会館で開催された青年ネット(青年革新懇)の集まりでプロ野球選手会の松原事務局長のお話を聞くことができました。もう5~6年前になりますが、オリックス・近鉄の合併で選手会がストライキを行ったときに、私たちも名古屋キャッスルの前で応援しました。

今回はストの話もありましたが、選手会をつくるまで、そしてその後の選手会の活動などを詳しく、お話いただきました。予定時間を大幅にオーバーし、熱く語ってくれました。

交流戦のことや年俸の低い選手のことなど、選手会がはたしてきた役割の大きさを改めて実感しました。

後の懇親会にも参加いただき、青年達と親しく話される、とても気さくな方でした。お忙しい方が「どうしてウチのような小さな会への講演を受けてくれたのか?」と聞かれ「いい組合とか悪い組合とか(言う人がいるが)関係なく労働者は一つであって同じだ。政党とかも関係なく、プロ野球の発展のために話をさせてもらっている」と答えていました。本当に誠実で、バランス感覚の良い方だと思いました。

実はドラゴンズの元社長の佐藤毅さんも「行ってもいいよ」と言ってくれたのですが「松原さんが話しにくくなるから」と遠慮されました。ちょうど、張本さんの本(→)を買ったばかりでしたのでお礼に差し上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

新政権を笑う( ^ω^ )

Photo

愛労連新聞に連載中の政治漫画「カートゥーン」が本になりました。

高木とおるの「政権交代笑劇場 ミレニアム2000からマンガでつづった10年」風媒社刊A5版143p、1200円+税

「西暦2000年から2010年までの約10年、日米に関する年表をご覧いただきたい。これを野球の試合にたとえるなら、日本は5人の継投。アメリカはほとんどのイニングをブッシュが投げ、最後にリリーフでオバマが登場。

日本で特筆すべきは、先発は森投手だったが能(脳)力不足で、1回降板。2人目は小泉投手。変則投法を期待され・・・・。最後の投手は麻生投手。曲がったクセ球が武器だ。」

かくして政権交代まで日本の政治10年をマンガでつづる。井上ひさしの「うふふふ」もおもしろいがこの小劇場は「そうそうあの時こういうことがあった」と振り返る貴重な歴史資料としても使える。

著者の高木さんは県立高校の教職員組合役員時代からマンガを書き始め、組合新聞などに掲載。定年後は自宅の学習室を地域の組合事務所に解放。自ら労働相談受けながら、毎日の政治話題を一コママンガにしてきた。

高木とおるサイン会

6月12日(土)12時半~13時半。ほっとブックス新栄にて。

地下鉄東山線「新栄」2番出口。徒歩1分。民主会館1F。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

外国人実習生支援ガイドブック

Hyousi2_2

愛知の反貧困ネットワークの活動と外国人実習生支援のためのガイドブックを作成しました。21日には完成し、全国の書店に届くのは改正法施行の7/1に間に合わせる予定です。

貧困でつながろう!国境を越えた仲間たち

改正入管法対応外国人実習生支援ガイドブック

著者 榑松 佐一(愛労連議長)

かもがわ出版A5判・88頁 900円(税込945円)

予約受付中

世界に冠たる自動車メーカーと、国連に「奴隷労働になりかねない」と指摘される外国人研修・技能実習制度が並存する愛知県--それは、グローバル化した日本の縮図、ひいては世界のグローバリゼーションの縮図だろう。その地で誕生する「反貧困ネットワークあいち」の船出を飾る一冊。

湯浅誠、反貧困ネットワーク事務局長

この本の著者くれまつさんは、まるでベトナムや中国人研修生のお父さんのような人です。この世から奴隷労働をなくしたいーあなたにぜひ読んで欲しい一冊です。 

参議院議員 仁比そうへい

「ver2.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »