« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月19日 (金)

若者に仕事の場を

Nec_0340_2

しばらく忙殺されていて、このブログの更新ができていませんでした。

先月中はじゅんこさんのリーフレットを「すぐに作って」と言われ、なんとか赤旗祭りに間に合わせて作成することができました。その完成を見る前に全労連の代表でベトナムに。研修生問題では労働副大臣に直接「支援ガイド」とベトナム語版を手渡すことができました。

http://rodo110.cocolog-nifty.com/viet_nam/2010/11/post-6b42.html

14日の日曜日は豊橋派遣村から帰ってくる電車のなかでノドが痛くなり、翌日医者へ。薬をもらって火曜から木曜日までは東京出張。とにかく睡眠を取ることに心がけ、風邪を治し(うつし)ながら週末を迎えました。

10jnk1

守山区はすでに河村派が二人、みんなの党も一人を公認。前回3人立てて共倒れした自民党は新人一人がポスターを張り巡らしています。6人区と言っても現職3人落ちてもおかしくない情勢です。このリーフレット

「10jnk1.jpg」をダウンロード

「10jnk2.jpg」をダウンロード

をひとりずつ手渡してつながりをつくっていくしかありません。明日は名古屋市内の決起集会、守山では市民病院守る会の総会です。

ところで昨日だと思いますが来春の就職難が大きく報道されました。ところが早朝「み○○んた」が番組で「若者が仕事を選ばなければいくらでもある」ようなことを言っていました。「アルバイトでも夜の仕事でも贅沢言わずに何でもやれ」って言ってるのだと思いますがあまりに実情を知らなすぎます。これにはコメンテーターも返す言葉がなくて詰まっていました。

若者が自立して生活できるだけの仕事ができる場を作るのは社会の責任、政治の責任だと思います。来春の一斉地方選ではこのことを強く訴えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »