« 河村・大村にすり寄るオール与党 | トップページ | 河村市政にビシッと言えるのは »

2011年2月25日 (金)

これはひどい「減税」のなかみ

Gennzei

減税日本の人気が高いそうだが、どんな方が公認されているのかよくわからない。そんななかで、ある予定候補の「討議資料」が手に入った。それによると

減税のここがわからん???「そうだったんだあ・・思わず武者震いする大政策」

②なぜ減税を行うのか?

税金を払っている庶民の暮らしは地獄で、税金を食べている方(議員、役人)が極楽の社会を変えなければならないから。そのためには強制的に役所に入るカネを減らす減税が唯一有効な行政改革の手段である。

>ご本人は教員だったそうですけど、極楽生活だったのでしょうか?

③市民税の一律10%減税は金持ち優遇との批判があるよ!!!

地方税を累進制に変えると法律違反になる可能性があり、国の単一税制に従う形とした。・・・また法人税減税によって企業活動の活性化や他地域からの流入が期待でき、市民の雇用や収入増につながる。

>市が地方税を変えることはできません(立法ですから)。でも条例で定めれば減税することはできます。所得制限も可能です(総務省確認済み)。「可能性があり」という言い方がごまかしです。

⑦交付金をもらっておきながら減税することには批判がある・・

・・・交付金は(国への税金)の一部を返してもらっているだけで、別に国から仕送りを得ているわけではない。・・・

>これはもう交付金についての完全な間違い。本社が存在する大都市だけが豊かになれば良いという発想。

とまあ、こちらが「震えて」しまいます。こんな方ばかりではないと思いますが、河村人気だけで議員になろうとする輩も混ざってるんでしょうね。

|

« 河村・大村にすり寄るオール与党 | トップページ | 河村市政にビシッと言えるのは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/50966644

この記事へのトラックバック一覧です: これはひどい「減税」のなかみ:

« 河村・大村にすり寄るオール与党 | トップページ | 河村市政にビシッと言えるのは »