« 寝たきりマンです | トップページ | 緊急入院 »

2011年4月12日 (火)

病院への移動でダメージ

0640

昨日はたいへんな日でした。

5日たって変化がないので診察をうけに行きました。5分ほどの病院ですがマンションの2階から降りるのがたいへん。長男に手伝ってもらい痛みをこらえて車に。車椅子には座れないのでストレッチャーにしてもらいました。MRIの結果ヘルニアw発見。大学病院への紹介状をいただきました。

事態はここから

「ここでは入院できないから」と車にのって帰ることに。しかしすでに体は伸びきってとても曲げられる状態になく、車に乗せられたところで激痛。苦闘すること10分。車まで先生にきてもらい紹介状を書き換え、この車のまま30分うめきながらもっと大きな救急外来へ。着いたときにはあまりの激痛で足首のところまで腫れ上がってしまいました。

その病院でも痛み止めの処置をしてもらいましたが、ここでも「痛みだけでは入院できない」と帰宅をもとめられました。どう考えてもまた痛めるのは必至でも・救急車でなく自家用車できた場合は当日、自分でかえるそうです。

知り合いの介護事業所も当日では対応できず、長男が24時間対応の介護タクシーを手配、ストレッチャーで2階の自宅まで担ぎ上げてもらいました。夜の11時でした。

通院のための移動で大ダメージ

どちらの病院もていねいに対応いただきました。夜間救急外来は次々と患者の呼び出しがひっきりなしでした。

一方で「痛みは安静にしているしかない」ので入院はできません。治療しないと医療点数がつかないのか、ベッドに余裕がないのだと思います。今回は移送によって症状をいっそう悪化させる結果になりました。移送についても医療との連携が必要です。

移送については紹介もなく、とくにストレッチャーでの移送は探すのが苦労しました。来ていただいた業者さんは「三ヶ月で病院を追い出される方の移送が多い」と言っていました。

0534_2

|

« 寝たきりマンです | トップページ | 緊急入院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院への移動でダメージ:

« 寝たきりマンです | トップページ | 緊急入院 »