« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

これがヘルニアだ

Helnia久しぶりに病院に行きました。だいぶ落ち着いたので近くの病院(元の外科)に転院することにしました。

先生が紹介状とあわせて「写真をコピーするから」というので1時間 ほど待ったのですが、いただいたのはCDでした。

せっかくなのでPCで起動してみるとMRIの写真がたくさん出てきました。詳しい操作はわかりませんが、左の写真が一番よくわかります。へしゃげた椎間板が後(右)にはみ出て縦の神経束を圧迫しています。ここが第4・5椎間板だそうです。

クリックして拡大すると後に突き出た上に少し色が変わった部分があり、これが上にはみ出た部分だそうです。

当時の会話

先生「かなりはっきり出てますね」

くれ「そうですね」

先生「かなり痛いですね」

くれ「痛いです」

先生「これくらい出るとそうとう痛いですから、免疫が強く働いて、自然によくなることもあります」

くれ「そうですか???」

・・・結果、その通りになりつつあるのですが。一方、その後先生もヘルニアが悪化してGWは休んで休養をとったそうです。「経験者は語る」か!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

ストロンチウム90 大量流出

Hata110530人間にとって最も危険と言われるストロンチウム90が大量に海に流出していることが、22日公表された東電資料で明らかになった。(あかはた5/30)。

これまで「東京電力は8日、福島第一原発の敷地内や周辺の海で4月18日に採取した土や海水から、放射性物質ストロンチウム90を初めて検出したと発表した。」 (朝日5/9)がどの程度の量を放出したかは明らかにされてこなかった。

ところがストロンチウム90は「半減期が約29年と長いうえ、化学的にカルシウムと似ていて、体内に入ると骨にたまる傾向がある。」

「これほどのストロンチウムが含まれている汚染水が海へ放出されていたとなると、生物への影響が心配だ。小魚を丸ごと食べることで、人間にもその影響が及ぶことも考えなくてはいけない。国と東電は、ただちに調査をし、結果を明らかにすべきだ」(野口邦和・日本大学講師)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年5月23日 (月)

浜岡原発に別の断層

「浜岡」東側2.8㍍隆起跡 国想定と別段層(中日5/23)

Chu1105231

運転を停止した中部電力浜岡原発(御前崎市)の約2キロ東側で、地震により最大2・8メートルが一気に隆起した跡があることが、産業技術総合研究所などのボーリング調査で分かった。(続く・・・http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110523/CK2011052302000136.html

この断層は東西に走っているが、これが浜岡原発の敷地下にまで続いているかまでは調査されていない。浜岡敷地内を東西に走るH断層との関連も明らかではない。

問題は、東海大地震が来たときにこの断層がどう動くかだ。中電は敷地全体が均等に約1㍍持ち上がるとしているが、今回の調査では三段に分かれ、大きな所では2.8㍍の段差ができている。原発の敷地内もボーリング調査をしてみる必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

トヨタ土日稼働で下請け、市民生活に打撃

0122

自動車工業会(14社)が7~9月の三ヶ月を木金休みで土日稼働にすることを決定しました。自動車部品工業会もこれに従うようです。「節電対策」がその理由ですが、しわ寄せが心配です。

「トヨタ自動車では、工場だけでなく、本社も含むほぼ全社で「土日稼働、木金休業」とする方向で近く労働組合と調整に入る。労組も受け入れる見通し。デンソーなどグループ主要各社も追随する模様」http://www.asahi.com/business/update/0519/NGY201105190009.html

トヨタは「ジャストインタイム」を徹底して、末端の下請けまでが「トヨタカレンダー」が動いています。下請け企業が多い、西三河地方では市民生活全てが大きな影響をうけます。トヨタは電気代節約になっても下請け以下は持ち出しのほうが多くなりかねません。

http://rodo110.cocolog-nifty.com/aichi/2011/05/post-ec46.html

トヨタは87年にも土日稼働したことがありますが、市民生活を大混乱に陥れ、八田ひろ子さんが議会で取り上げたあと、一年で取りやめた経過があります。すでに、減産が決まっており、こんなにまで大きなしわ寄せまで起こしてまでトヨタの「節約」に協力させられてはたまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

浜岡原発5号炉で海水漏れ400トン

Hamaoka5hadan

浜岡原発で冷温停止作業中の14日、5号機で海水漏れがあり、本日その写真が公表された。(写真はANN news http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210520047.html

外れたフタがあたり、直径3センチの配管20本以上が破損したという。(写真)

日経によれば「トラブルは停止作業中の14日午後4時半に発生し、作業を中断するまでの45分間に約400トンの海水が原子炉冷却水に混ざり、このうち約5トンの海水が原子炉内に流入したとみられる。」しかし、400トンもの海水が、こんな短時間に流れ込むのだろうか。そもそも冷却用の海水は1時間にどれくらい取水するのか。400トンも余分に流れ込んだ復水器といのはどんな大きさなのか。いつも思うがマスコミは中電の発表を伝えるだけでなく、読者に代わって質問してほしい。

浜岡原発5号機(静岡県御前崎市)の復水器に海水400トンが流入し、うち5トンが原子炉にも混入したトラブルで、中部電力は20日、復水器内を通る海水の配管(直径3センチ)に破損が見つかったと発表した。約6400本ある配管のうち、20本以上に破損した部分があったという。

 復水器内には、原子炉との間で水と蒸気を循環させる別の配管があるが、この配管をふさいでいる金属製のふた(直径約20センチ、重さ3・5キロ)が破損した配管の付近に脱落していた。中電は、このふたが何らかの原因で吹き飛んで海水の配管に当たり、破損させたために海水が漏れ出たとみて、ふたが外れた原因などを調べている。

Hamaoka5kan

Hamaoka5huta

 ふたがはずれた配管は原子炉の運転中は使用せず、起動時と停止時にのみ、復水器から原子炉へ流れる循環水の量を減らすために使う。5号機の停止作業が始まった14日未明から循環水や蒸気を流し込んでいた。

 ふたの溶接部分は13カ月に1回の定期検査の際、作業員が目視で点検。5号機が運転開始した2005年1月以降、異常は確認されていないという。(chunichi web 5/20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

津波てんでんこ

0628

「本との出会い」河田先生の「津波災害」のなかで紹介されている「津波てんでんこ 近代日本の津波史」(山下文男、新日本出版社)を読みました。この2冊を読むと、今回の大震災がいかに大きなものであったかよくわかります。

この本では明治三陸津波、昭和三陸津波、昭和チリ津波の他、明治以後の全国の大津波を歴史資料や言い伝えなどで詳しく説明しています。「今回の大震災は「平成三陸津波」となってしまいました。

「津波は繰り返す」の言葉通り、「万里の長城」とよばれた宮古市田老に作られた世界最大の防潮堤すら乗り越える大津波となりました。

この本では終戦前後の東南海地震(1944)と南海地震(1946)での被害が実態が戦争とその後の混乱のなかで隠されたり、資料が収集されなかったりしているなかでも、甚大な被害があったことを示しています。浜岡原発から5キロの、私の実家がある菊川流域は震度6で住宅の85%が倒壊しました。

今後おきると言われている東海・東南海・南海地震はM8.7と言われています。終戦前後のM8.0前後の地震に比べるとエネルギーは20倍となり、震度も津波の高さも数倍になると思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

浜岡原発は廃炉に

Chu110512中電は津波対策だけで再開を約束させたようですが、原子力安全委員会の審査はまだ終わっていません。審査結論がでないうちに、再開を約束したことに疑問がでています。(中日5/12)

震源域の真上にある原発

 世界で浜岡だけ

国会では共産党の吉井さんが追求しました。これに対し寺坂信昭原子力安全・保安院院長は

2011051203_01_0 震源域の真上にある原発は、世界では承知していない。活断層から1キロ以内にある原発は、美浜発電所、敦賀発電所、「もんじゅ」がある。

と答弁。吉井さんは「中越沖地震でも柏崎刈羽原発(新潟県)では原発のタービン建屋で2000ガルを超え、約3000カ所の機器類が損壊していることを考えないといけない。」と追求。建屋や冷却水配水管地盤の液状化問題も指摘しました。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-05-12/2011051203_01_0.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

津波対策だけじゃダメ

Jun05082

5月8日(日)に

*Thanks to all Mothers*

「卒原発 母の日パレードin名古屋」

が開催されました。ツイッターで知った1500人が栄中心街から中電本社周辺などをパレードしました。http://www.geocities.jp/mama_huan/5-8.html

順子さんも学生や若いお母さんたちと一緒にアピールしました。

中電が原発停止を発表(5/9)

その翌日、中電は浜岡原発の停止を発表。中電は国に「顧客や株主に負担をかけない・・・追加費用軽減への支援」を確約させていました。国に金をださせて株主配当を続けるつもりでしょうか。

さらに許せないのが津波対策だけで再開しようとしていること。地震対策についてはこれまでの「安全は確保されている」という態度を変えていません。

津波対策だけでなく、M9の地震や直下と近隣の断層の問題も明らかにして、廃止させましょう。運動はこれからも続きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

通勤が試練

やっと今日から出勤を始めました。まだ右足を引きずりながらですが、健康な時には気がつかないことが数々あります。

0163

まずはバスや地下鉄の座席。シルバーシートに座りたいのですが、腰痛というのは外から見えないので、座りにくい。松葉杖でもあればいいのですが。また座って気がつくのは結構前後に揺れること。今日は早めに帰ったので座れましたが、通勤ラッシュを立って通勤するのはつらいかも。

階段はわりとエスカレーターがありますが、栄駅の乗り換えにはありません。それから下りの時に負荷がかかるのですが、下りのエスカレーターはあまりありません。エレベーターがある場合はそこまで歩きます。これはなかなか便利。

バス停までと、金山駅から愛労連まで10分程度歩くのですが、ゆっくりなので倍以上かかります。普段は1時間のところ1時間半以上かかります。往復3時間~3時間半。これが一番たいへん。

当面は早帰りしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

ユッケを食べるか

昨夜、浜岡原発のニュースにトップを奪われましたが、ちょうど7時のニュースの時、我が家では焼き肉を食べており、「ユッケ」が問題になっていました。

0124_2

今回の事件では、食中毒を起こした飲食店が食品衛生法違反と業務上過失致死に問われると思います。3県で同じ遺伝子が出ていることからすると原因菌は東京の食肉会社からついていたものと思われますが、この会社は「加工用」と表示したと言っていますから、「生食でよい」と言った証拠が出てこないと処罰までは難しいかもしれません。

ところで、我が家では元検査員の順子さんが「肉を生で食べるなんてとんでもない」と言っています。ユッケが好きな私としては「これまでユッケで死亡した話は聞いたことがない」と説得力のない反論。

魚屋の場合、刺身で食べられるかどうかは店の判断ですが、肉の場合は「生食」と表示するには厳しい基準があります。今回のユッケは飲食店ですので、基準はあっても「生食」で出しても罰則はありませんでした。結果、店の判断で提供し、食中毒を出した場合にのみ罰せられます。

私は飲食店でユッケを食べられる基準を作って欲しいのですが、順子さんは「生で食べちゃダメ」と言っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

浜岡原発が停止に

Kan

先ほど7時からのNHKで菅首相が「浜岡原子力発電所のすべての原子炉の運転停止」を中電に要請したことが報道されました。定期点検中の3号機だけでなく4号機、5号機も停止を求めています。

菅総理大臣の記者会見・全文http://www.tweetdeck.com/twitter/nhk_kabun/~CrQCs

菅首相は「想定される東海地震に十分耐えられるよう、防潮堤の設置など、中長期の対策を、確実に実施することが必要」としています。

これまで国は東海地震について安全性を主張してきましたが、防潮堤以外にもどこを見直すよう求めたのかは明らかではありません。

4月11日で福島でおきた震度6弱の地震で「動かぬと評価の原発が動」きました。http://kurechanman.cocolog-nifty.com/sekai/2011/04/post-5fb9.html

その後、先月28日の原子力安全委員会で「これまで考慮されていなかった断層や地形の変動なども含めて改めて評価するよう、経済産業省の原子力安全・保安院に求めました。」ことも大きな要因だと思います。http://kurechanman.cocolog-nifty.com/sekai/2011/04/post-2c0c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

まもなく一ヶ月

救急車で運ばれて3週間になりました。入院は5日間でしたが、退院後も右足膝から下のしびれがなかなかとれませんでした。

診断名は「右第4・5腰椎椎間板ヘルニア」でした。MRIでみると、神経が脊椎から右足に分かれていくところで椎間板が後から上にポコッとでていました。これが神経を圧迫して、右足の親指までしびれが出ています。先生の話では「これだけ痛みがでると免疫が働いて自然と無くなっていく」とのことでした。

痛みが治まってから歩き始めましたが、しばらくは右足に力が入らず引きずっていました。2週間の寝たきりで筋力が落ちたようです。それでも毎日歩き始めて10日たち、筋力も戻ってきました。ところが、横断歩道を渡っている途中で点滅し始めあたふた。危ない危ない。

今日、生協の役職員共済から入院保障の書類が届きました。5日間の入院費だけで6万円もかかりましたので、すぐに手続きします。30年近く加入していますが、使うのは初めてです。Tasukeai_img01_4

「たすけあい」にも加入していますので、請求しようと思います。

この他にも車いすには座れないため病院から自宅へはストレッチャーの介護タクシーを使いました。2回で17000円。エレベーターのないマンションはこういうときたいへんです。医師の証明をつけて「移送費」の申請をしました。

先回の診断では電車で1時間もかかる通勤と事務所で座りっぱなしの仕事に通勤許可がでませんでした。なんとか連休明けには復帰したいと思います。

続きを読む "まもなく一ヶ月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

愛知県中央メーデー

Asa0502mayday

昨日、第82回愛知県中央メーデーが開催されました。中央集会には4000人が参加。NPO法人「レスキューストックヤード」の栗田さんや愛知農民連の中島会長から連帯のあいさつをいただきました。写真は朝日5/2http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000001105020001

Cbc1105012

私は順子さんの車で乗せていってもらい、無事あいさつをすることができました。浜岡原発の停止を求めるデコレーションやプラカードがたくさんならびました。共産党の横断幕も見えます(映像はcbcニュース)

Cbc1105011

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »