« トヨタ土日稼働で下請け、市民生活に打撃 | トップページ | ストロンチウム90 大量流出 »

2011年5月23日 (月)

浜岡原発に別の断層

「浜岡」東側2.8㍍隆起跡 国想定と別段層(中日5/23)

Chu1105231

運転を停止した中部電力浜岡原発(御前崎市)の約2キロ東側で、地震により最大2・8メートルが一気に隆起した跡があることが、産業技術総合研究所などのボーリング調査で分かった。(続く・・・http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110523/CK2011052302000136.html

この断層は東西に走っているが、これが浜岡原発の敷地下にまで続いているかまでは調査されていない。浜岡敷地内を東西に走るH断層との関連も明らかではない。

問題は、東海大地震が来たときにこの断層がどう動くかだ。中電は敷地全体が均等に約1㍍持ち上がるとしているが、今回の調査では三段に分かれ、大きな所では2.8㍍の段差ができている。原発の敷地内もボーリング調査をしてみる必要がある。

|

« トヨタ土日稼働で下請け、市民生活に打撃 | トップページ | ストロンチウム90 大量流出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡原発に別の断層:

« トヨタ土日稼働で下請け、市民生活に打撃 | トップページ | ストロンチウム90 大量流出 »