« 反貧困ネットワークあいち第二回総会 | トップページ | 20日に地震津波防災学習会 »

2011年6月13日 (月)

ストロンチウム検査、思い切って拡充を

浜岡原発とトヨタの土日稼働について、中電に行ってきました。愛労連ブログhttp://rodo110.cocolog-nifty.com/aichi/2011/06/post-016b.html

0800_2

その一方で福島ではストロンチウムの流出が明らかになってきました。セシウムはこうなごから検出されていましたが、今度はストロンチウムが海水から検出されました。(トラックバック参照)

ストロンチウムは半減期が29年で骨に吸収されやすいため「生物濃縮」がますます現実的になってきました。たしかに「直ちには健康に影響はない」かもしれませんが、動物性プランクトン→稚魚→小魚→大魚と食物連鎖をすれば1000倍、1万倍と濃縮されます。その影響は太平洋岸全域にひろがるかもしれません。http://www.asahi.com/national/update/0405/TKY201104050195.html

政府は海への放出を想定していないため、基準がありません。調査も始まったばかりです。大至急調査ポイントを増やすことが必要です。

|

« 反貧困ネットワークあいち第二回総会 | トップページ | 20日に地震津波防災学習会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストロンチウム検査、思い切って拡充を:

« 反貧困ネットワークあいち第二回総会 | トップページ | 20日に地震津波防災学習会 »