« どこまで続く「減税」不祥事 | トップページ | また「減税」が薬事法違反 »

2011年6月25日 (土)

土日保育で安い保育園ができる?

25日朝のNHK「ニュース深読み」に小泉時代に規制緩和の委員に登用され「過労死は自己管理の問題」と発言した派遣会社アールの奥谷禮子氏が登場した。リーマンショック後の派遣切りの時にはだんまりを決め込んでいたが今日はトヨタの土日稼働問題であきれた発言。

428944

トヨタの土日稼働で下請け企業や市民生活に影響がでていることが指摘されると奥谷氏は「もっと前向きにとらえる必要がある」として「トヨタの生産が増えることはいいことだ。期間雇用も増え、雇用の拡大になった」。「トヨタは在庫なしで良いが下請けは生産コストがアップし支えきれなくなる」といわれると「ギリギリでやっているところのなかでさらにギリギリまでついてこれる下請けが残る」という。それだけではない。保育園も毎日開けなければならなくなるが、「これまでと同じ料金で土日も預かるような保育園が出てくる」と得意の「競争主義万能・生き残り論」だ。

実は電力自由化も小泉時代の「規制緩和」で行われた。これが原発の安全チェックをおろそかにしてきた一因にもなっている。→愛労連ブログhttp://rodo110.cocolog-nifty.com/aichi/2011/06/post-1269.html

震災復興のなかでいま「規制緩和」で一儲けしようとする動きが強まっている。奥田氏を登場させたのもそういう意図が感じられる。

|

« どこまで続く「減税」不祥事 | トップページ | また「減税」が薬事法違反 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土日保育で安い保育園ができる?:

« どこまで続く「減税」不祥事 | トップページ | また「減税」が薬事法違反 »