« 「減税」団長、政調費も不正 会派離脱で済むのか | トップページ | 反貧困ネットワークあいち第二回総会 »

2011年6月 6日 (月)

則竹市議辞任にもお詫びなし

減税日本市議団長則竹議員がついに辞任に追い込まれた。

0091

則竹氏が減税日本の公約で話していたhttp://www.youtube.com/watch?v=c6q2OZoVwD8

この時は費用弁償受け取り拒否と河村市長のことしか言っていないが、このときにはすでに受け取っていたのだからあきれる。本人は「辞職することが最高の責任の取り方だと考えた」(NHK)と言っているがテレビで見る限り、市民に対するお詫びの姿勢はない。

今日の記者会見も全く同じ顔だった。パフォーマンスだとは思うがテレビで土下座した富山の焼き肉屋も劣る。

Asa110606

その減税日本代表、名古屋市の河村市長は「大変潔い決断だ。これからの人生を頑張ってほしい」(〃)と言っているがホンネは自分に火がつかないかヒヤヒヤしているのだろう。「求心力低下」(←)とかかれ、朝日にまで見限られている。

|

« 「減税」団長、政調費も不正 会派離脱で済むのか | トップページ | 反貧困ネットワークあいち第二回総会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/51874877

この記事へのトラックバック一覧です: 則竹市議辞任にもお詫びなし:

« 「減税」団長、政調費も不正 会派離脱で済むのか | トップページ | 反貧困ネットワークあいち第二回総会 »