« やらせメールが「謀略体質を暴露」と中日新聞 | トップページ | 福島で除染活動 »

2011年7月15日 (金)

反貧困B&R

Br70714

昨夜、六本木で反貧困R&B「希望は、絶望の、後にある」という企画がありました。鎌田慧さんとメールで約束して参加しました。主催は反貧困助け合いネットで代表の河添さん(首都圏青年ユニオン)と湯浅誠さんが司会。バンド演奏をはさんで沖縄写真家の森口さんと鎌田慧さんがトーク。日弁連宇都宮会長と社民党の福島瑞穂さんが激励あいさつ。

Br0714

希望は簡単に語れないという湯浅さんですが、宇都宮先生はもっぱら希望を語るところが素敵です。いち早く被災地に駆けつける行動的な日弁連会長です。

鎌田さんは沖縄と福島の共通項は「拒否」だと言います。「反対」「賛成」の対立ではなく、みんなが拒否している事実が大事だというのです。鎌田さん、福島さんとは9月の脱原発集会成功のための協力について話しました。

|

« やらせメールが「謀略体質を暴露」と中日新聞 | トップページ | 福島で除染活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反貧困B&R:

« やらせメールが「謀略体質を暴露」と中日新聞 | トップページ | 福島で除染活動 »