« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

被災地の期待伝えぬ朝日

Asa110930東日本大震災の被災地では多くの病院が被災した。もともと東北地方は公的病院の統廃合がひどく、残ったわずかな病院が被災した。仮設の診療所はできたが入院ができない。命は助かったが、入院できる病院がないため治る病気も治らない事態が相次いでいる。

昨日の予算委員会で共産党の市田書記局長がこの問題を取り上げたが圧巻だった。http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

現地の医療関係者の生の声を取り上げるなかで小宮山厚労省が押し込まれる場面が次々と続いた。入院ができるようにすることや、公的病院など「政策的」医療機関以外にも助成を行うことなどを確約した。最後に開業医が自費で診療所を再建したものについても「遡って助成する」と答弁。市田さんが「たいへんいい答弁だ」と再確認を求めたものにも大臣は確約した。これは地域の医療関係者と被災者にとってたいへんな朗報だ。

ところが質問時間終了後に厚労省官僚につつかれて大臣が発言を訂正。石井委員長が厚労省と市田さんで話し合うよう求める発言をしたが、今度は自民党など野党理事が詰め寄った。市田さんは、「委員会への答弁は確認した。これ以上答弁はいりません」と質問を終了。さっさと席をたった。

ところが・・・今朝の朝日を見ると共産党の質問だけが外されている。「さすが朝日」とあきれるやら怒れるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

守山区での被害は

Hata110924

先日の台風15号で「名古屋市守山区で堤防をあふれる被害」の報道が続いたため、心配のメールや電話をいただきました。被害の集中した庄内川左岸は守山区の北、春日井市との境を流れる川で、南端にある我が家とは反対ですので被害はありませんでした。

当日はJR、名鉄が停止したため帰宅困難者が多数出ました。地下鉄も栄入り口が浸水しそうになりましたので、早めに帰ることにしました。藤が丘駅でバスの行列に並び、やっときたバスに乗れました。

ところが

バスターミナルを出るところから大渋滞。全く進まない。歩行者が次々と抜いていく。すし詰めのバスでたったまま40分。歩けば10分もかからない最初のバス停にすらつかない。乗客のなかから「降ろしてくれー」の声がでて、バス停の少し手前で下車。後は歩くことにしました。そこから20分。最初から歩けば良かった。

さて、守山区の被害は庄内川の内側で床上浸水。堤防を上回った地域とは別に、庄内川の水位が高まったため排水門を閉めた事による浸水もありました。元々排水路周辺は低地で水田しかなかった地域で、最近開発されたばかりの地域で、新築の家が被害にあいました。(調査にいく順子さん、赤旗9/24)

水門閉鎖の連絡が遅かったことや地域のコミュニティが少なく情報が十分伝わら無かったことが指摘されています。また開発にあたって敷地のかさ上げが十分だったかも問われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

さよなら原発に2000人

Nec_0546

さよなら原発1000万人アクションinあいちが開催され2000人が参加しました。愛労連や革新愛知などが賛同団体として参加を呼びかけ、自治労連、愛高教、年金者組合などの労働組合や民医連、地域九条の会などからもたくさんの参加者で集会の成功におおきな役割を発揮しました。

うちの順子さんもプラカードを持って参加、市議団長の鷲野さんら西区のみなさんも横断幕を持って参加しました。

Nec_0548

集会後は中電本社までデモ。若いみなさんはサウンドデモで訴えました。会場には大きな「八郎君」が参加。出発に手を振っていました。近所のSさんらの劇団のみなさんの大作です。

東京の集会は6万人の参加で明治公園があふれるほどでした。今回ばかりはさすがのNHKも無視できなかったようです。

Sayonara919nhk http://www3.nhk.or.jp/news/newsvideo_top.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域で放射能学習会

Gakusyu0921 うちの順子さんが元食品検査室の経験を生かして学習会を行っています。今回はご近所のみなさんにご案内して学区のコミセンで行います。「理系女子!」とはちょっと?ですが。(元)ですね。生協で25年も検査専門でしたから、「話し方が生き生きしてるね」と言われているそうです。

今日は午後から「さよなら原発1000万人アクションinあいち」に参加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

金持ち減税の財源に市民犠牲

2河村市長が9月議会に減税10%を提案。定率減税のため昨年と同じく高額所得者にはたいへんな減税です。市は財政が厳しいため市債を増発しています。さらに来年度にむけて「事業仕分け」を開始しました。

敬老パス、保育料、30人学級・・・

名古屋市が見直しのリスト(←一部)に挙げたのはこれまで市民の運動で作り上げてきたものがずらり。革新市政とともに実現した無料敬老パスは有料化され、今度は値上げや年令引き上げが狙われています。

若者の賃金が下がるなかで平均保育料収入が減少していることを理由に名古屋市は保育料引き上げを計画。本末転倒です。

小学校1,2年の少人数学級も国・県なみの35人に。不登校児童にこころを痛める父母や教員の実態をまったく理解できていません。国際的にみたら全学年30人学級が急務です。

1_4
中学校のスクールランチは「利用者の有無による公費負担の公平性」が理由。本当は「小学校に比べてまずい」ことが問題。みんなが利用する美味しい給食にすればいいのでは。

大至急声をあげよう!

14日からは名古屋市のHPでも意見募集を始めます。http://www.city.nagoya.jp/

判定会は10月21日~23日です。市民委員も募集されますが○×だけ。意見を言えるのは学識経験者の委員(→)だけです。切実な声を各委員に伝えましょう。

続きを読む "金持ち減税の財源に市民犠牲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

つくる会教科書撤回の経過

Kyokasyo_2
今朝、朝日新聞に「つくる会系の採択撤回」の記事を読み、育鵬社版の不採択について全13人の教育委員のうち「議長や棄権者を除いた委員7人が賛成し、3人が反対」とあり、どうしてこの数で石垣市と与那国町でつくる会の教科書が採択されたのか不思議でした。

赤旗の1面に詳しいやりとりが載っていました。棄権したのは石垣市と与那国町の教育長でした。公開の場で同調したのは3人だけ。石垣、与那国教育委員会の議論は公開されていませんが、二人の教育長が強引に押し切ったのではないかと思われます。

朝日と赤旗の記事がこんなに沖縄県民への思いの違いでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

市民と言論シンポ「原発安全神話はどうつくられたか」

26原子力研究の現場から

やらせメール、公聴会を請け負う大手広告会社、エネ庁による報道の監視などかつては一部のメディアしか報じなかった問題をマスコミでも報道するようになり「安全神話」のベールが少しずつめくれ、「原子力〝ムラ〟」の姿が少しだけ見えてきました。

それではこの「安全神話」はどのようにしてできてきたのでしょうか。原子力研究開発機構で働く研究者からリアルな現状をお聞きし、みんなで議論してみたいと思います。

第26回市民と言論シンポジウム

原発「安全神話」はどうつくられたか

10月11日(火)18時半~

伏見ライフプラザ12F(夜間は南側入り口から)

地下鉄「伏見駅」6番出口徒歩5分

参加自由 (社会人800円 学生500円)

シンポジスト

花島 進原研労組書記長)

JAEA(原研=日本原子力研究開発機構)で加速器制御の研究者。「フクシマ」の事故以後、原研の現場では何が語られ、何が行われているのか。原子力研究最前線の今を語る。

柘植 新(名古屋大学名誉教授、分析化学)

原発ができ、すでに60年以上がたつが、なぜ「安全」な技術は確立しなかったのか。「安全神話」の系譜と研究者の関わり、原子力ムラの構図を語る。

主催 市民と言論実行委員会

(市民とメディア研究会・あくせす、日本ジャーナリスト会議東海、メディア夜塾、新聞労連東海地連、民放労連東海地連、日放労(NHK労組)中部支部、全印総連愛知地連、愛労連)

チラシを知り合いにお渡しください。「262.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

トヨタの土日出勤 犠牲は市民・労働者

Minpo110904トヨタが土日稼働に加えて9月から木曜日の稼働も始めました。「節電」の必要など無かったことが、ここでもハッキリしました。

トヨタが土日稼働で電気代を何億円も割引きされる一方で、保育園や父母には大きな負担がのしかかりました。8月には高橋衆院議員が豊田市と名古屋市の保育園を調査しました。(愛知民報9月4日)

しわ寄せは労働者、中小下請や運送会社に

改訂されたトヨタカレンダーでは3月までの土曜日はほとんどが稼働日です。20日の出勤日のうち10日は震災で休業した分の「振替出勤」にするそうです。

トヨタは期間工を募集していますが、なかなか集まらず中日新聞に異例の広告を出したり、地下鉄駅に置いてある求人誌の裏表紙に全面広告を載せています。

そろそろ末端の下請にもトヨタカレンダーが届く頃ですが、人を雇う余裕の無い中小下請や運送会社は土曜も働くしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »