« 愛知の司法書士会が被災地で奮闘 | トップページ | 市民と言論シンポ「原発安全神話はどうつくられたか」 »

2011年9月 6日 (火)

トヨタの土日出勤 犠牲は市民・労働者

Minpo110904トヨタが土日稼働に加えて9月から木曜日の稼働も始めました。「節電」の必要など無かったことが、ここでもハッキリしました。

トヨタが土日稼働で電気代を何億円も割引きされる一方で、保育園や父母には大きな負担がのしかかりました。8月には高橋衆院議員が豊田市と名古屋市の保育園を調査しました。(愛知民報9月4日)

しわ寄せは労働者、中小下請や運送会社に

改訂されたトヨタカレンダーでは3月までの土曜日はほとんどが稼働日です。20日の出勤日のうち10日は震災で休業した分の「振替出勤」にするそうです。

トヨタは期間工を募集していますが、なかなか集まらず中日新聞に異例の広告を出したり、地下鉄駅に置いてある求人誌の裏表紙に全面広告を載せています。

そろそろ末端の下請にもトヨタカレンダーが届く頃ですが、人を雇う余裕の無い中小下請や運送会社は土曜も働くしかありません。

|

« 愛知の司法書士会が被災地で奮闘 | トップページ | 市民と言論シンポ「原発安全神話はどうつくられたか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの土日出勤 犠牲は市民・労働者:

« 愛知の司法書士会が被災地で奮闘 | トップページ | 市民と言論シンポ「原発安全神話はどうつくられたか」 »