« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月25日 (水)

守山市民病院は守山区民の病院

Chu120124

昨年、突如明らかになった守山市民病院の民間売却。

区役所で行われた説明会には200人の区民が殺到、月曜夜に病院で行われた説明会も50人の会場に100人以上が押しよせ入れなくて帰る人も。

守山市民病院は名古屋市の合併前に守山市の市民がつくった病院です。名古屋の真ん中には高層の大きな病院がたくさんできていますが、大きな川にはさまれた守山区は災害の時など孤立する恐れがあります。いざという時に救急車がいける総合病院はここしかありません。

ところが名古屋市は次々と医師を減らし、病棟閉鎖で赤字になっています。名古屋で一番出生数が多く、また病院の周辺はお年寄りも多く住んでいます。一般の入院や外科手術ができなくなって「おじいさんが入院しても付き添いに行けない」。小児科も診療日が減り、お産もできなくなって若いお母さん達が困っています。

そんな区民の願いを踏みにじる河村市長の発言は許せません。(中日1/24)公的医療の役割を知らないとしか思えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

若者の多彩な社会活動にびっくり

Imgs_2168

昨夜、愛知大学車道校舎で開催された「フォーラム 集まれ県内の若者!!」(反貧困ネット学習部会主催)に講師として参加しました。

ブラック企業、パワハラなど労働相談の事例をまぜて働く現場の課題と対処法についてお話させていただきましたが、対象が日頃と全く違い、女子大生が中心であせってしまいました。

大山先生から「困ったときには一人で悩まない、相談に乗れる頼もしい大人がたくさんいるんだ、というメッセージを若者はしっかり受け取ったと思います」とメールをいただき恐縮しています。

講演のあと2部は、計10名の若者がリレートーク。遺児支援、経済的な理由で塾に行けない小中学生への学習支援サークル、司法修習生の給費制問題、日系の子ども達への支援、夜市・イベント企画、労働者・生活者支援と多岐にわたりました。

Imgs_2172

あしなが学生会の

「大人から見れば手を差し伸べる対象だと思っていた若者が、実は、同じ若者やさらに若い子、逆に人生の先輩への支援に取り組もうとしている姿、また、楽しいイベントを通じて街の活気をつくろうとしている姿は、聞く人に勇気や希望を与えてくれました。」(大山)

活動分野も大学もさまざま。大学生と言えばサークルかバイトだと思って私にはこんなに意義ある社会的な活動をしている学生・若者がたくさんいることを知り驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

絆を大切に 前に向かって 2012新春

12_2

本年もよろしくお願いします。

榑松佐一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »