« 若者の多彩な社会活動にびっくり | トップページ | 3.11明日につなげる大集会に参加しましょう<拡散希望> »

2012年1月25日 (水)

守山市民病院は守山区民の病院

Chu120124

昨年、突如明らかになった守山市民病院の民間売却。

区役所で行われた説明会には200人の区民が殺到、月曜夜に病院で行われた説明会も50人の会場に100人以上が押しよせ入れなくて帰る人も。

守山市民病院は名古屋市の合併前に守山市の市民がつくった病院です。名古屋の真ん中には高層の大きな病院がたくさんできていますが、大きな川にはさまれた守山区は災害の時など孤立する恐れがあります。いざという時に救急車がいける総合病院はここしかありません。

ところが名古屋市は次々と医師を減らし、病棟閉鎖で赤字になっています。名古屋で一番出生数が多く、また病院の周辺はお年寄りも多く住んでいます。一般の入院や外科手術ができなくなって「おじいさんが入院しても付き添いに行けない」。小児科も診療日が減り、お産もできなくなって若いお母さん達が困っています。

そんな区民の願いを踏みにじる河村市長の発言は許せません。(中日1/24)公的医療の役割を知らないとしか思えません。

|

« 若者の多彩な社会活動にびっくり | トップページ | 3.11明日につなげる大集会に参加しましょう<拡散希望> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/53823586

この記事へのトラックバック一覧です: 守山市民病院は守山区民の病院:

« 若者の多彩な社会活動にびっくり | トップページ | 3.11明日につなげる大集会に参加しましょう<拡散希望> »