« 秘密保全法を根本から絶て | トップページ | チェルノブイリから研究者を招いて講演会 »

2012年4月 7日 (土)

浜岡再稼働へ労使一体の「存在意義」を発揮

Asa120406

浜岡原発の地元市長選挙で中電労組と連合静岡が動いている。

おひざ元 動く中電(朝日4/6)

中部電の労働組合も動く。労組と、加盟する連合静岡は石原氏を推薦。陣営幹部は「連合の人たちには、チラシの配布や働きかけをやってもらう。選挙慣れしている彼らの存在は心強い」と話す。

石原氏とは原発推進派の現市長のことだ。中電労組は連合愛知や連合静岡で大きな力を持っている。原発再稼働に向けて労使一体の労働組合としての「存在意義」を発揮している。

|

« 秘密保全法を根本から絶て | トップページ | チェルノブイリから研究者を招いて講演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡再稼働へ労使一体の「存在意義」を発揮:

« 秘密保全法を根本から絶て | トップページ | チェルノブイリから研究者を招いて講演会 »