« いらんがね原発in名古屋でデモ | トップページ | 市民運動を敵視する□○ »

2012年10月27日 (土)

基金は鳥井先生の公務災害を認め上告するな

<

p>10月26日、名古屋高裁は元豊橋市中学教員の鳥居建仁さんの公務災害を認める判決を下しました。昨年の地裁判決に続くもので、公務災害基金の不認定を取り消すものです。

鳥居先生は多くの子どもたちからも信頼があつく、教え子や同僚の証言が裁判を後押ししました。また持病の「もやもや病」という難病にも専門の医師が意見書を書いてくれ、これが裁判でも決定的な証拠となりました。

鳥居先生は幸い命は取り留めましたが、重い障害をひきずりながら10年間たたかってきました。基金はこれ以上鳥居先生を苦しめることの無いよう、上告を断念すべきです。

「torii2.pdf」をダウンロード

支援する会では「上告しない事を求める要請」を基金支部長の大村愛知県知事にあてFAXを集中しています。

|

« いらんがね原発in名古屋でデモ | トップページ | 市民運動を敵視する□○ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基金は鳥井先生の公務災害を認め上告するな:

« いらんがね原発in名古屋でデモ | トップページ | 市民運動を敵視する□○ »