« 明日は順子さんの出発式 | トップページ | 守山市民病院が売却されて »

2013年4月13日 (土)

いま必要な名古屋の中小企業施策は

Chyusyo

アベノミクス、成長戦略の掛け声で物価は上がり始めたが賃金は上がらず、これで来年から消費税を引き上げるという。円安でトヨタの3月末決算が1兆2千億円に跳ね上がったというのに中小企業の利益はさっぱりだ。

若者が正社員としてまともに暮らせるためには、雇用の8割を占める中小企業の経営がよくならなくては就職難も解決できない。

世界のトヨタをささえる名古屋の中小企業には世界一の技術がある。しかしその多くが系列下請けで、いつもトヨタにふりまわされてばかり。どうしたら名古屋の中小企業がその技術を生かして、自立できるか。

名古屋市の施策は何が必要か。自然再生エネルギー活用のための研究開発、住宅リフォームなど裾野のひろい事業なども提案されている。市長選の候補者にも参加いただき、参加者みんなで考えましょう。

2013年4月14日(日)18:30~
東別院会館2F会議室・蓮にて

主催:愛労連・愛商連

|

« 明日は順子さんの出発式 | トップページ | 守山市民病院が売却されて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/57164925

この記事へのトラックバック一覧です: いま必要な名古屋の中小企業施策は:

« 明日は順子さんの出発式 | トップページ | 守山市民病院が売却されて »