« トヨタは円安還元をせよ! | トップページ | 自衛隊幹部は公務員の「地位利用」もいいのか »

2013年7月22日 (月)

自民党政治にストップをかけるのは

Mai1307221 参院選では改選議席121の過半数65議席を占め「自民圧勝」の見出しが躍るが、比例の自民投票率は34.7%。選挙区では定数1が31県もあるためだ。
 毎日新聞が支持率の変化をグラフにしているが、興味深い。これを見ると特徴は民主と維新が支持率を激減させ、自民と共産党が支持を伸ばしている。国民の景気回復への期待と実際にはそうなっていない悪政への批判が表れている。

「昨年、結党後初めての衆院選で自民党に次ぐ得票率20・4%だった維新は今回は11.9%とほぼ半減。みんなの党は12年衆院選の8.7%と同水準の8.9%だった。一方、共産党は12年衆院選の6.1%から9.7%へと上昇し、みんなを上回った。」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130722-00000052-mai-pol

安倍内閣はさっそくTPP交渉に参加。麻生大臣は消費税の引き上げを予定通り実施すると明言。改憲にむけた動きも強まっている。この悪政にストップをかける共産党への支持が広がった。この秋のたたかいが重要だ。

|

« トヨタは円安還元をせよ! | トップページ | 自衛隊幹部は公務員の「地位利用」もいいのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/57842903

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党政治にストップをかけるのは:

« トヨタは円安還元をせよ! | トップページ | 自衛隊幹部は公務員の「地位利用」もいいのか »