« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月28日 (水)

「貧困と児童虐待」学習会

Gyakutai130912名古屋でまたイジメ自殺がおきましたがイジメと児童虐待には貧困との関連性が言われています。専門的知識をもった職員の配置が足りていません。
子どもの貧困ネットワークあいちで学習会を開催しますので、ぜひご参加下さい。

「貧困と児童虐待」
報告者 塚本道夫(名古屋市職労・児童相談所勤務)
日時 9月12日(木)午後7時~
場所 愛知県司法書士会館
(金山駅南口から徒歩5分)
http://www.ai-shiho.or.jp/about/access.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

あほう太郎の「ナチの手口」

Chu130803_2武器無きクーデター

 憲法の番人と言われている内閣法制局長官は歴代「集団的自衛権は憲法違反」との立場を明言してきました。安倍首相は憲法の解釈を変えて、現憲法下でも集団的自衛権を可能とするために、「集団的自衛権行使の容認に前向きな小松一郎駐仏大使の長官起用を決めた」(中日8/3)ようです。

麻生副首相が「ナチの手口を学んで」「改憲は静かな環境で」と発言しましたが長官のクビのすげ替えはまさに武器なきくーデーターのようなものです。

元長官が批判

2004年から2006年にかけて内閣法制局長官を務めた阪田雅裕氏は「内閣法制局長官が時の政権によって解釈を変更できるなら、企業のお抱え弁護士と変わらない」と厳しく批判している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

生活保護切り下げに不服申請を

Chu1308018月から生活保護費が切り下げられました。中日新聞が例にあげる母子家庭4人世帯だと月22万8千円の手当が1万8千円もカットされます。

この切り下げは自民党議員による芸人の親の例を使っての生活保護バッシングを繰り広げて行われました。厚労省は最初から自民党の1割切り下げに合うように計算方法まで変更するというインチキまがいまで行われています。

最低賃金の引き上げこそ

生活保護費の引き下げが行われた背景にはまじめに働いても保護の水準に追いつかない低賃金の労働者が増えていることがあります。2000年以後の派遣規制緩和などで非正規労働者が激増したことがその要因です。その一方で年収5000万円以上の人も3倍に増え、格差が大きくひろがっています。生活保護の引き下げではなく、最低賃金の大幅引き上げこそが必要です。

不服審査請求を呼びかけ

反貧困ネットワークあいちでは保護費を切り下げられた方に「不服審査」の請求を呼びかけています。実際には反貧困ネットの弁護士や司法書士が代理人を引き受けるのでご本人の負担にはなりません。ぜひ、まわりの方に呼びかけましょう。

書類は下記から

「huhukushinsei13.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »