« 自衛隊幹部は公務員の「地位利用」もいいのか | トップページ | あほう太郎の「ナチの手口」 »

2013年8月 2日 (金)

生活保護切り下げに不服申請を

Chu1308018月から生活保護費が切り下げられました。中日新聞が例にあげる母子家庭4人世帯だと月22万8千円の手当が1万8千円もカットされます。

この切り下げは自民党議員による芸人の親の例を使っての生活保護バッシングを繰り広げて行われました。厚労省は最初から自民党の1割切り下げに合うように計算方法まで変更するというインチキまがいまで行われています。

最低賃金の引き上げこそ

生活保護費の引き下げが行われた背景にはまじめに働いても保護の水準に追いつかない低賃金の労働者が増えていることがあります。2000年以後の派遣規制緩和などで非正規労働者が激増したことがその要因です。その一方で年収5000万円以上の人も3倍に増え、格差が大きくひろがっています。生活保護の引き下げではなく、最低賃金の大幅引き上げこそが必要です。

不服審査請求を呼びかけ

反貧困ネットワークあいちでは保護費を切り下げられた方に「不服審査」の請求を呼びかけています。実際には反貧困ネットの弁護士や司法書士が代理人を引き受けるのでご本人の負担にはなりません。ぜひ、まわりの方に呼びかけましょう。

書類は下記から

「huhukushinsei13.pdf」をダウンロード

|

« 自衛隊幹部は公務員の「地位利用」もいいのか | トップページ | あほう太郎の「ナチの手口」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護切り下げに不服申請を:

« 自衛隊幹部は公務員の「地位利用」もいいのか | トップページ | あほう太郎の「ナチの手口」 »