« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月27日 (木)

受信料自動引き落としを変更

<拡散希望>
NHKの受信料を自動引き落としから振り込みに変更しました。
ネットで簡単にできました。
https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/PayTransferInput.do

振り込むかどうかはNHKの対応次第。

籾山会長の罷免要求も送りました。
番組制作に関わる理事全員の辞表を会長が持っているようでは職員は安心して仕事ができません。すでに「原発問題にはふれないで」と言ったディレクターもいます。良心あるNHK労働者を応援したいと思います。

NHK経営委員会
委員長 浜田健一郎殿
籾井会長が就任直後に、理事10人全員に日付を空欄にした辞表を提出させていた.
理事全員の辞表を預かることはNHKの編集権を一手に握ることにほかならない。これではNHK職員は安心して番組をつくることができない。放送法は「健全な民主主義の発達に資する」ことを定めており、異論を排除するやりかたは公共放送のトップとして認められるものではない。
籾井氏は就任会見での発言について貴職から2度目の注意を受けている。そもそも公式な就任会見での発言を「個人的な発言」ということ自体公共放送のトップの資質を失するものであるが、これを反省せず居直るなど許されるものではない。
もはや籾井会長の問題は籾井氏個人の問題ではなく、籾井会長を任命した経営委員会の責任である。直ちに罷免するよう求めると同時に、経営委員会としての任命責任を問うものである。

提出先は
http://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

NHK会長を解任せよ

就任の記者会見で暴言をはいたNHK籾井会長が就任当日に理事全員の辞表提出をもとめ、この辞表を預かっていることがわかった。(中日2/22)

どこの会社に、理由も無く役員や職員の辞表提出を求める社長がいるだろうか。これはトップの気にいらない言動をしたら直ちに「受理」、つまりいつクビにされてもおかしくない。しかも自分から辞任を申し出る形でだ。

独裁者!

ヤクザならともかく、こんな独裁運営が公共放送たるNHKで許されるはずがない。憲法解釈の変更を「私が責任者」といって立憲主義を否定する安倍首相の手下となってNHKを支配することなど絶対に許されない。国会は直ちに解任を求めるべきだ。

Chu140222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

中電値上げに「待った!」

Chu140220浜岡原発4号炉の再稼働申請をした中電が予定する4月の大幅値上げが5月以降になることが明らかになった。(中日2/20)

昨年末に行われた公聴会には消費者行動ネットワーク(CAN)の呼びかけで学習会が行い、赤字の大半がトヨタなどの格安大口料金にあることや原発CM料金が含まれていることなどの問題点をみんなで分担して陳述。
私は15分の持ち時間の大半を社長に対して質問に使いました。その中で5号炉の事故の原因は「溶接ミス」といわせ、次の質問者でトヨタ用の「特定高圧」電力料金が家庭用の約半分、「平均13.65円」だと明言させました。(→中日13/12/27)

Chu1312272_3

家庭用の値上げをやめさせましょう。

公聴会以後も原価に参入すべきでない費用が含まれていることが明らかになり審議は遅れていました。中電は消費税と同時に値上げを行う計画でしたが、これも「困る」の声が高まるなか断念したもようです。さらに家庭用の値上げをやめさせましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

みんな声をあげたい「消費税8%は困る」

8~9割が「給料上がらないのに」(≧▽≦)
 「消費税8%は小〇こまる」カード3655枚
Komaru消費税引き上げが決まったと言っても、「困る」と声をあげたい人がたくさんいます。
2.2大集会で集めた小〇こまるカードは3655枚。「今でも暮らしがたいへん」が全体の73%、20代から50代までは88%の方が「給料が上がらないのに」と答え、60代以上の88%が「年金が下がっているのに」と○をつけました。

「一人暮らしも結婚もできません!日々の暮らしを大切にしてください」(20代女性)「小〇!収入の少ない人ほど増税になるこの税の仕組みはおかしい!」(50代男性)「駆け込みで一瞬的に景気がよくなっっているだけな気がしてなりません。増税でなく腰を据えた景気対策を未来の子ども達のために」(30代主婦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »