« 名古屋の若者、学生、研究者も戦争法反対 | トップページ | 戦争法の目的はアメリカ・武器輸出・原発輸出 »

2015年9月16日 (水)

名古屋の公明党が「戦争法」の呼び名に反論

Chu150916_2

昨日の名古屋市議会。日本共産党の藤井議員が「戦争法案を許してはいけない」と発言したことに対し、公明党が「偏った発言」で「公正中立な反論ができ」ないなどと批判した。

公明党と言えば愛知の創価学会員が戦争法案に反対する署名を公明党本部にもっていって門前払いされた経過がある。愛知の公明党議員も支持者から批判されておりピリピリしているのでしょう。

先日は山口代表が名古屋に来て平和の党を訴えたばかりだが、その山口代表が国会で質問した「ホルムズ海峡」問題はイランからあっさり否定されてしまいました。

信者からも市民からも追い詰められているのでしょう。

自民党は今日の特別委員会で強行採決をしようとしています。国会で、全国で反対の行動に結集して、戦争法案を廃案に追い込みましょう。

本日夕方は豊橋駅デッキ、名古屋栄スカイル前などで抗議行動が行われます。

名古屋駅西口噴水広場では18時半からSEALD's TOKAIが抗議行動を行います。私も見守りの「アザラシ隊」で参加します。

10405641_534454176717004_1247711685

|

« 名古屋の若者、学生、研究者も戦争法反対 | トップページ | 戦争法の目的はアメリカ・武器輸出・原発輸出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136485/62291397

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋の公明党が「戦争法」の呼び名に反論:

« 名古屋の若者、学生、研究者も戦争法反対 | トップページ | 戦争法の目的はアメリカ・武器輸出・原発輸出 »