« 2018年4月 | トップページ

2018年9月 7日 (金)

消防庁が認めるか?木造名古屋城天守

2018年7月19日に開催された特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議天守閣部会(第12回)で傍聴者に配付されなかった資料です。
記者クラブへの情報提供資料のなかで防火・避難に関するものです。
火事が発生した場合に「史実に忠実」な木造ですので床にも壁も耐火構造になっていません。丸焼けになってしまいます。
果たしてこんな6階建て木造建物に2,500人も入れることを消防庁が認めるでしょうか。
(マスコミ記者は誰も質問しなかったのでしょうか?)

20180907_15_4

20180907_1535_4

階段は二方向にしますが、下からの煙を防ぐのは木の板。(燃えたらどうする!)

20180907_15_3_3

20180907_15_2_3

周辺の煙は窓から自然排気するそうですが、中央部分で煙でたら行き場がありません。

20180907_15363_2

20180907_1536_3

しかも致命的なのは小天守にぬける地下通路は一本だけ。ここで火災が起きたら外に出られない。今は外付けのEVがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ