« 2018年9月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月26日 (月)

立候補表明 ごあいさつ

ごあいさつ

20181122日  榑松佐一

私は本日、来年2月に行われる愛知県知事選挙に立候補する決意を固めました。革新県政の会に寄せられた県民のみなさんからのくらしの願い・要望の実現に全力で取り組む決意です。これまで「会」の責任者としていろんな方とお会いして「市民と野党の共同」の実現を目指してきました。しかし昨日までに十分間に合わせることができず、「会」としては私が候補者になることを確認いただきました。「会」以外のみなさんには昨夜電話でこれまでのご努力にお礼し、了解をいただきました。

 ふつうのくらしができる社会を

97年の消費税引き上げ、翌年からの就職氷河期と若者の非正規化、賃金が下がる一方で社会保険料は大幅に引き上げられ、格差と貧困が拡大しました。

子どもの貧困、若者の貧困がひろがりNHKは共働き世帯でも大幅な年収ダウンがあったことを放送しました。下流老人の言葉が有名になりましたが今年は「働けない働き盛り」を表す中年フリーターという言葉も生まれています。

生活困難をかかえる住民がふえるなか、関係者と市町村のみなさんもたいへん努力されていますが、県に応援して欲しいという声がたくさん聞かれました。

 困っているひとをみんなで助けたい

私は大学を卒業して、生協に就職しました。農家の長男ですので当時産直活動で先進的な名勤生協に入ったのは親孝行だと思いました。そこで学んだことは困った人を助けたい、それは自分でやるだけでなく、みんなで助け合うということです。

それがやがて労働組合活動に関わるようになり、愛労連にきてからも様々な市民運動を担当してきました。2007年にはベトナム人研修生、2009年に派遣村、そして2011年には被災地への支援と除染ボランティアにも参加しました。メディア規制に反対する市民活動やさよなら原発の運動や生活保護裁判支援の活動など様々な市民運動にも関わってきました。

いま、県も子どもの貧困対策に力をいれていますが、県の医療費無料制度は小学校までです。市町村からは県が中学まで無料にしてもらえれば、さらに子どもの医療費無料を拡大できると言われています。奨学金問題に取り組んでいる方からは返済に苦労している若者たちの家賃支援を要望され、採用に苦労されている中小企業経営者からもそういう声を聞きました。また労働者救済機関である県労働委員会の機能を取り戻してほしいという労働者の声は切実です。

 みなさんのご支援をお願いします。

選挙前も選挙中も相談がやむことはないと思います。すでに約束したこともたくさんあります。広い愛知県をくまなく回ることも容易ではありません。私はSNSで全国からの相談に対応していますので、この活動でもネットをふるに使って頑張ります。

皆さんにも、ご協力をお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

くれちゃんマン再び

14年前にはこんなキャラクターで名古屋市長選を闘いました。
年末に急きょ代役に抜擢され、年明けに発表でした。
くれちゃんマンのテーマソングも作ってもらい、ギターを弾いて宣伝しました。

若かったですね。3e027b780c464756b29d0b9e26dc573e


922a93215bd84bb1941cfe322a744873


Dc9c1a0db704464f9c35f97a4b59a4cf


7570d354c8e04d928d20739b0bf96ffd


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

くれちゃんマン再び

2019年2月に行われる愛知県知事選挙に革新県政の会から候補者として立候補することを表明しました。名古屋市長選挙から14年ぶりです。
この間に子どもの貧困が若者、中年、そして下流老人へとひろがりました。困っている人をみんなで助け合える社会にしたいと思います。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年12月 »