« くれちゃんマン再び | トップページ | 謹賀新年 »

2018年11月26日 (月)

立候補表明 ごあいさつ

ごあいさつ

20181122日  榑松佐一

私は本日、来年2月に行われる愛知県知事選挙に立候補する決意を固めました。革新県政の会に寄せられた県民のみなさんからのくらしの願い・要望の実現に全力で取り組む決意です。これまで「会」の責任者としていろんな方とお会いして「市民と野党の共同」の実現を目指してきました。しかし昨日までに十分間に合わせることができず、「会」としては私が候補者になることを確認いただきました。「会」以外のみなさんには昨夜電話でこれまでのご努力にお礼し、了解をいただきました。

 ふつうのくらしができる社会を

97年の消費税引き上げ、翌年からの就職氷河期と若者の非正規化、賃金が下がる一方で社会保険料は大幅に引き上げられ、格差と貧困が拡大しました。

子どもの貧困、若者の貧困がひろがりNHKは共働き世帯でも大幅な年収ダウンがあったことを放送しました。下流老人の言葉が有名になりましたが今年は「働けない働き盛り」を表す中年フリーターという言葉も生まれています。

生活困難をかかえる住民がふえるなか、関係者と市町村のみなさんもたいへん努力されていますが、県に応援して欲しいという声がたくさん聞かれました。

 困っているひとをみんなで助けたい

私は大学を卒業して、生協に就職しました。農家の長男ですので当時産直活動で先進的な名勤生協に入ったのは親孝行だと思いました。そこで学んだことは困った人を助けたい、それは自分でやるだけでなく、みんなで助け合うということです。

それがやがて労働組合活動に関わるようになり、愛労連にきてからも様々な市民運動を担当してきました。2007年にはベトナム人研修生、2009年に派遣村、そして2011年には被災地への支援と除染ボランティアにも参加しました。メディア規制に反対する市民活動やさよなら原発の運動や生活保護裁判支援の活動など様々な市民運動にも関わってきました。

いま、県も子どもの貧困対策に力をいれていますが、県の医療費無料制度は小学校までです。市町村からは県が中学まで無料にしてもらえれば、さらに子どもの医療費無料を拡大できると言われています。奨学金問題に取り組んでいる方からは返済に苦労している若者たちの家賃支援を要望され、採用に苦労されている中小企業経営者からもそういう声を聞きました。また労働者救済機関である県労働委員会の機能を取り戻してほしいという労働者の声は切実です。

 みなさんのご支援をお願いします。

選挙前も選挙中も相談がやむことはないと思います。すでに約束したこともたくさんあります。広い愛知県をくまなく回ることも容易ではありません。私はSNSで全国からの相談に対応していますので、この活動でもネットをふるに使って頑張ります。

皆さんにも、ご協力をお願いします。

|

« くれちゃんマン再び | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

私が「官検」(彼らが自称する)の存在を知ったのは平成24年4月10日火曜日、頻繁に彼らが声を出すようになってからです。(脳に直接声を入れられるような感覚)24時間昼夜問わず、屈辱的な言動を受け二ヶ月ほど地獄のような日々でした。彼らは遠隔地より脳にダメージ(彼らは電子銃マグマライザーと呼んでいる)を与える事が出来ると言い、私はこの猟奇的で不可解な盗聴監視により本当に脳にダメージを受けたような感覚になった。(実際に救急搬送で病院に行き脳を診てもらった。)6月に少し落ち着いた私は否応が無く彼らと不可解な手段でコミュニケーションを取りはじめ「官検」(自称)の事が少しづつ分かってきた。違法な人権侵害は隣人の愛知県職員(議会事務局総務課)が私を誹謗中傷した事が発端になり愛知県庁に対してメールを送ってからなので15年以上になるのでしょうか。彼らは密かに私を盗聴監視して就活時や職場に圧力を掛け時には買物など外出先の至る所に「愛知県の危険人物」であることを吹聴するのです。平成23年より新聞各社に愛知県庁の不正を告発し平成23年8月には愛知県庁に人権侵害を中止させるため名古屋簡易裁判所に調停を申し立てましたが彼らは話の席につく事はありませんでした。(平成23年(ノ)第○○○○号 人権侵害行為停止請求調停事件 裁判所書記官○○○○)「官検」の声は平成23年の年末には家内で必ず聞こえるようになりました。私はその都度「盗聴監視は違法であり人権侵害である。民主主義国家の公務員に盗聴監視する権限はない。」と彼らに話しましたが、盗聴監視の中止には至りませんでした。平成24年1月から愛知県庁宛に人権侵害を中止するよう毎日メールを送るようになりました。4月に入り彼らは頻繁に声を出し始め、自ら「官検」(自称)という組織の存在を明らかにするようになりました。彼らは本名(張本、中川、アライ、森本、木下、金海)を明らかにしませんが各々呼び名が決まっています。彼らは「我々は愛知県の関係する組織で愛知県監察(官検)協会(自称)の職員で愛知県から転籍しているのだ。」と言うのです。私は彼らの言動から「官検」(自称)は愛知県職員であると考えているのです。私が人権侵害を受ける発端になったのは愛知県職員(議会事務局総務課)であります。常時24時間約8名の「官検」(自称)で県民(彼らの言う愛知県の危険人物)を盗聴監視できるのは公務員しかありえないのです。「官検」は高額な諜報機械を税金で購入し盗聴監視でサラリーを得ているのであります。愛知県は「盗聴監視は愛知県職員に与えられた権限であって他県には無い愛知県独自の公務である。」と考えています。この常軌を逸した愛知県の不正行為(組織ストーカー電磁波犯罪)を許すわけにはいきません。

投稿: asano.k | 2019年1月 5日 (土) 11時52分

最近はしていないですが

昔は一人で洗濯もよくしていたものです。。。

今は奥さんがしっかりしてくれて助かってますが、

そんな奥さんが使っている洗剤がとても気にってます!!

柔軟剤がいらないんだよって奥さんに言われ柔軟剤がいらない!?

ピンときませんでしたが…

自分が今まで使っていたものとは全然違くふかふかで

汚れもすごく落ちていてさらにいい香りでした


それがこの「エンブリー」

市民のみなさんも使ってみてくださいね。

応援歌してます。

投稿: な | 2019年1月 5日 (土) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立候補表明 ごあいさつ:

« くれちゃんマン再び | トップページ | 謹賀新年 »