« 名古屋の不当判決をひっくり返すぞ! | トップページ | 生活支援の社会運動(青弓社)を読んで »

2021年2月 9日 (火)

スカスカ首相が扶養照会緩和を発表

「生活保護の申請は国民の権利」(スカ首相)「扶養照会は義務ではない」(田村厚労相)と言っておきながら、知られたくない家族に連絡して申請を受けづらくさせている自治体が少なくないのが実態です。稲葉剛さんらが38,500筆の署名を提出した日、スカ首相が扶養照会の緩和を発表。コロナ禍で生活困難者が増えています。生活保護は憲法が保障する「健康で文化的な最低限度の生活」の基準です。これを上回る生活保障を求めましょう。
また、厚労省が物価指数を偽装して生活保護基準を大幅に引き下げたことに対する裁判も続いています。生活保護バッシングを使った自民党の選挙公約を「国民感情」だとした名古屋地裁の不当判決(2020年6月25日)を全国からひっくり返しましょう。
3月13日(土)には「コロナ禍と貧困」をテーマに反貧困シンポが開催されます。zoom参加もできます。
20210209 147867288_3752682554809573_2363596919119 Hanhinkon210313

|

« 名古屋の不当判決をひっくり返すぞ! | トップページ | 生活支援の社会運動(青弓社)を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋の不当判決をひっくり返すぞ! | トップページ | 生活支援の社会運動(青弓社)を読んで »